12月24日

18日の施設演奏は、大きな場所、たくさんの人数前の演奏でしたが、24日は民家風の少人数のディサービスでのクリスマス会に呼んでいただきました。
こういう特別な日  は、やっぱり  も特別に。。。えぇ、そうです!
もちろんピンクに決まっているじゃありませんか~(爆)
今日は青みがかったピンクにしました!

resize0652.jpg


何度か伺っているので、ご利用者様の好みも何となく把握してのプログラム。

はないちもんめ
雪 
冬景色               (メドレー)
モミの木~もろびとこぞりて     (メドレー)
マイフェアレディより「一晩中踊り明かそう」
カッチーニ アベマリア
シュトラウス こうもり序曲


プログラムを立てるときは、自分の中でストーリーがあります。
子供たちが遊んでいる様が感じられる付点のメロディのあとは終わりを告げるお帰りのチャイム。
粉雪のキラキラ光る雪が舞い降りてきました。
結晶の舞う様は最高音域でふわりときらきら。
しっとり雪景色は、サティ風。
もう、ご利用者様の歌声が聞こえてきました。

その日はクリスマス。
コラール風にモミの木  が始まり、バッハのような中間部を経て、トレモロのクレッシェンドで盛り上げて、もろびとこぞりてへ全開!
ここでも歌声が
きれいな曲っておっしゃっていただきました。

家族そろったクリスマスの夜には、プレゼントやごちそうの楽しいイベント。
レディのきれいな発音ができた喜びに一晩中踊りたい嬉しさを歌うイライザのように、夜のイベントを楽しむ。
ご利用者様から、洋画の踊っているワンシーンが浮かんでくるようだとのコメントを頂きました。
少人数での和気あいあいの中では、ダイレクトに感想がいただけるのがとっても楽しいですね~

夜も更け、今年一年の感謝の祈り。
3.11では、失ったことより得たものの方が多かった。
幸せを思う感謝 ☆
皆様には馴染のないカッチーニのアヴェマリアでしたが、しんみりさが受け入れていただけたようでした。
普通一般の施設では、演歌とか民謡とかが喜ばれることが多いようですけれど、こちらのディサービスで受け入れてくださる方が多いのは、支援相談員さんの日々の活動の賜物と、クラッシックを楽しまれるご利用者様がたまたま多いからのようです。

そして、大晦日から新年へ続くフィナーレ。。。
聴きごたえ十分の曲とおっしゃっていただきました。
支援相談員の方がどの曲も難しそうですね~って、あぁ、報われました~  
こちらの支援相談員の方、某有名音大ピアノ科卒業。
とっても気持ちの良い方で、演奏や選曲の良いところを聴いてくださるので励みになります 

そして最後にみなさんでたき火 を歌いました。

アンコールにマイウェイを頂戴し (*^。^*) この曲に思い出のある方は、涙して聴いてくださいました。

次回のリクエストは、G線上のアリアを頂戴しました 
またたくさんの楽譜集めます。
ようようの編曲を見比べてみるのも楽しみです。。

今回のプログラムは、クラッシックピアノ曲は入れませんでしたが、皆様が馴染みやすい曲、歌う目的でなくあくまでピアノを聴かせる形のものを持ってきていながらところどころ歌えるように、クリスマス会を楽しんでいただけたら嬉しいですね。
洋映画のお詳しい方、お嬢様がピアノを学ばれてクラッシックに馴染のある方、美声の持ち主、etc.皆様を想いながらの選曲でした。
今回残念だったのは、大学教授時代に世界各国を周られて、ウィーンやイタリア歌曲などがお好きな方に喜んでいただきたくて選んだ「こうもり」でしたが、体調悪くてお見えになりませんでした。
早くお元気になられて、また聴いていただきたいと思いました。

家に帰って録音聴いてみたら、、、  (--)
また練習して伺いま~す (^^ゞ

私の本当のクリスマスをさせていただいた日でした。

resize0650.jpg

最後に皆様とクリスマスのおやつを頂きました~

resize0651.jpg

12月18日

朝起きて、、、、、なんで私こんなことやっているんだろう。。。
そう思いながら起きました。
寝起きのボ~っとしているときのいつものことなので、スル~
そのことについては、別の機会に書きたいと思います。

その日は施設のクリスマス会 

朝食をとり、髪を整えて、体を軽く動かしてから練習。
今日に限らず、いつも本番のための美容院は行きません。
なぜなら、美容院で椅子に固定して座ると体が固まることと、血の巡りが悪くなって体が冷えてしまうからです。
もちろん、これは私流なので、人それぞれですし、何かの本番前は美容院できゅっと髪をまとめてもらうと気が引き締まるということで、毎回セットしていただく方もいらっしゃいます。
この日の記事は、私の一日です。

本番で弾くようなMax練習はしません。
体力は温存します。
ゆっくりめにさらうように。
前日になるとなぜか変なところがおかしくなったりします。
昨夜も何十か所(大げさ?)弾けていたところがおかしくなりました。
私だけなのでしょうけど、直前におかしくなることは良くあります。
そこを正しい音の流れにインプットするように、マーキングします。
そんなことをしているうち、なぜか眠気が、、、、、寝不足続いていました。
普通の日ならお構いなしに練習しますが、当日は別です。
30分仮眠しました。
当日はいかに脱力するかを優先にします。

仮眠したら髪がボサボサ、、、
いいんです。
もう髪とか、格好とか。
どうでもよくなります(私の場合ですからね~。余裕ないのがバレバレですよ)

それともう一つは、特別の日にしないで、なるべく日常の一日にすることです。
普通にゴミ出ししたり、朝の片づけをしたり。

そうして11時半に昼食をとり、そのあと荷物の確認をして12時半に家をでました。

resize0643.jpg


会場についてまずすることは、、、お化粧じゃ~ないですよ ←  これ、よく忘れます(笑)
とにかく体を冷やさない!
控室に暖房のスイッチがあったら、すかさず強にします。
ダウンを着て手袋、暖かい飲み物‥。
嬉しいことに、テーブルには、ポットと紅茶、煎茶、レギュラーコーヒー、そしてお菓子が用意されてありました。

次に、体を温めるべく、ストレッチをします。
あっ、息切れするのはだめですよ~

そして、出番まえまでの時間配分をしながら、最後は大の字になって寝ます(*^。^*)
30秒でも1分でもよいのです。
レディピアノ流、これが決めて ☆
本日の控室は畳の部屋でしたが、テーブルの部屋でも迷わず床に大の字になります。
出来ない時もありますから、できない時は、できなかった!とは思わないでしなかった、程度に軽く考えます。
とにかく、ただでさえ緊張して体が冷えるのですから、いくらでも妨げない工夫をします。

かつて、よく足が (ペダルに支障があるくらい) つっていました。
看護婦さんに聞いてみたら、血のめぐりが悪いとなるそうです。
部屋は暖かいのに、緊張するだけで手足身体冷たくなっていますよね?
夏でも足がつっていました。
ようするに、外気温でなく、緊張するために手足冷えます。
なので、身体の保温はできるだけのことをします。(それでもなかなか解消できないのですけどね。逆に弾き終わって解放されたとたん、急に汗かいたり。)

もし、寒さ対策にこんな方法があるよ~(ピアノ弾く場面ではなくても、たとえば緊張を伴うお仕事をされている方など)ということがありましたら、皆さんの工夫、教えていただけると嬉しいです。

ちなみに着替えも、大の字の直前にします。
それまではもこもこ着込んで、レッグウォーマーやら手袋やら離しません!
出番ぎりぎりの、あわてない程度の直前に着替えたいので、衣装はスルッと着れるもの。

それからもう一つ大事にしていることは、あわてないことです。
あわてて会場入りする、あわてて着替える、 あわてて緊張する (へんな言い方ですが、意外としがち)経験から学習しました。

そうして迎えた演奏。。。どうだったのでしょう~?
演奏自体は音楽して流れて行きましたが、選曲、曲の説明、紹介などなど、それも気になるところです。(*^。^*)
楽屋を用意していただきましたので、そこから、100人は超えるご利用者様のいらっしゃるフロアーに出て、弾き終えたら楽屋に戻る形式でしたので、直接皆様とお話は出来ません。
終了後、人生の先輩レディ様にたまたま廊下ですれ違い、「演奏を有難う」と声かけていただきました。
ありがとうございます!

人前演奏は聴き手がいらっしゃるので、演奏だけでなくたくさんの勉強ができます ( ..)φ
私は、ご利用者様に喜んでいただくために弾いているのではありません。
こう書くと語弊がありますが、もちろんそれはあるのですが、それ以前に、聴き手が喜んでくださる事を喜ぶ自分がいます。
そして、聴き手に成長させていただいています。
結果的には皆様のお役に立つこともあるでしょうけど、選曲してまとまったプログラムを作り練習して、演奏の場を迎え
て。。。実は自分が充実させていただいている。。。
有難うございますの感謝の気持ちで、皆様に聴いていただきました。



同じじゃないの

来週18日に、地元市内でも一番大きい、病院に併設されている施設のクリスマス会にいきま~す。
   

いえ、踊りませんよ~、歌も歌いませんってば~。
内気ですから (#^.^#) ピアノ弾いてきます 

迫っているので、今、   を出してみました。

家族が、どれも変わらないでしょって (-。-)-・・・ そっけない。
ええ、そうですよ、どれも変わりません。
ピンクばかりですからね 
友人も、何着るの?なんて聞きません。
ピンクでしょ? で終わります。

ピンクが大好きなので、ピンクばかりが集まってしまいます(^o^)丿
でも、私的にはどれも違うんですよ。
青みがかったピンク、サーモンピンク、コーラルピンク、ローズピンクにピーチピンク。。。
生地も、タフタ、オーガンジー、ジョーゼット。。。

resize0642.jpg

ん~、お客様はきっと毎回いつも同じものに見えるかも(笑)

ちなみに、お洒落  のための選択じゃないですよ。
入るかどうかなんですってば。^^;
あれ、(・・?
なんかきつい 
いつも本番前は、2~3キロ落ちるので見越しサイズなんですけど、なんか増えてるの、、、なぜ 

とにかくドレスは作業着ですからね、早く決めて (もう選択肢ないでしょ、入るもの! ) 練習しま~す。

試弾 パート2

調律師さんより、またまた試弾のお誘いを戴きまして行ってきました。
こちら   調律師さん、いろいろな場所のピアノを調律していらっしゃるので、度々のお誘い有難いです。
 さんと  さんと  の3人。
珍道中?
たっぷり珍道中でしたよ 
前の日、 さんよりちゃ~んとメールいただきました。
明日は、二日酔いにならないようにって 
はい、お気遣い有難うございます。
気心知れているって良いですね~ ...と受け取っております(笑)

先ず、最初に弾いたのは、ボストン193と215。
193は、ショパンを弾いたらもやっとした感じがしたものの、シューベルトはぴったりまろやか。
215は、ショパンはぴったり、きらびやかでスタンウェイに近いものがありました。
少し弾きこんでみたら、215は、最初から音が安定しているのに対して、193は音がどんどん変わっていく!

resize0638.jpg

普通は、値段に見合って側が大きくなれば弦も長くなり、音の良いピアノとなるのですが、この193の方には、弾きこんでいくうちに音が成長していくと一瞬で予感させるピアノもあるのだという感想を持ちました。
ちなみにこんな質問してみました。
「もしご自分が買うならどちらですか?」
楽器を扱う方も、調律師さんもみなさま、揃って193と。
もちろん、193の型が良いというのでなく、その場にあったこの二つの個体の違いについておっしゃっているのですが、それだけその短時間 (5~10分くらいでもうすでに)で音が変化していったのです。
ついでに冗談で「営業の立場だったらどちらですか?」と聞きましたら、やっぱり揃って215とお答えになって、皆で(大爆)
とっても勉強になりました。


そのあと、お待ちかね~
スタンウェイ211と274。
こちらについて、211は弾きにくいなという感想 
274のフルコンは、鍵盤が指に吸い付いて、 おぉ~ 
これも、もちろん大きさもありますが、それだけでなく音質の個体差によって重く感じたり、弾きやすく感じたりすると思います。
指の感触だけでなく、音の聴こえによっても弾き心地はかなり左右されますね。
また、弾き手によっても違う感想になるのかもしれません。

resize0639.jpg

結果、大きいものはそれだけの良さはあるが、それだけではなく、大きさに関係しないところの個体差でもかなり違う!
今までもそういう認識はありましたが、改めて認識しなおしたというルポでした。

帰り足、美味しい昼食を戴きました。(   )

クリスマスの飾りがあちこちでピカピカ。。。

resize0640.jpg








 

相方

相方が、だいぶ前から、余暇を楽しみたいというのです。
のんびり昼寝三昧もしたいと。

相方は。。。マイピアノ

なんたってレディ  (淑女)ですから、それはそれは大事  にしていますよ。
でもね、大分可愛がりすぎました~ 
ハンマーのフェルトに弦の跡がくっきり。
食い込むたびに、調律師さんにフェルトを削っていただくわけですが、もう何度も削っていただいているので、これ以上削るとハンマーが小さくなって機能が果たせなくなるとのこと。
大分錆もありましたが、角質ケアやパック 、マッサージ  もしていただき、二日がかりの丁寧なお手入れはしていただきました。
でも、エステをしていただいても、整体マッサージをしても相方はあちこち故障中。
弦を張るためのねじ?も甘くなり、かっきり回らない。。。骨粗鬆症でしょうか~

ならば、ハンマーや弦など、中の部品等を総入れ替えする整形  もありますが、費用もそれなりにかかるようです。

さてさて、どうしましょうか~

彼女  の、美しく気品高いその誇りを大事にしてあげたい 



紅茶

昨年クリスマス会  でピアノを弾いた際、プレゼント  にルピシアの紅茶をいただきました。
とっても香りがよく、それ以来はまっています 

resize0524.jpg


ホワイトクリスマスというネーミングで、ホワイトクリスマスを思わせるパール状のつぶが入っていて、カップの中でキラキラ  光っていた記憶が(一年前なので)あります。


次に、売れ筋というお勧めを買ってみました。

resize0522.jpg

シャンパーニュロゼというネーミングで人気が高いそうです。


桃の季節には、白桃ウーロン茶極品。

resize0526.jpg

色は茶色でなく、クリーム色に透明感を出したような色で、香りは桃のウーロン茶ティーバックです。
結構お気に入りでした。(*^。^*)


他に、ルイボスティのジャルダン、ソバージュ(マンゴーとシュトラスの香り)とピッコロ(ハニー、ベリー、アプリコット)、低カフェインのデカフェマスカット(マスカットの香り)

resize0523.jpg


夏には、こんな種類を買いました。

resize0525.jpg

紅子はハイビスカスとローズヒップ、ナツコイはレモンピールとピーチリーフ。
どちらも爽やかで、特にナツコイはレモンティーに含みをもたせたような香りでしょうか。

秋にはいもくりかほ茶のルイボスティーを。

resize0521.jpg

ハロウィンのかぼちゃのラベルが可愛い 
栗とさつまいもとかぼちゃの香りではあるものの、焼いて香ばしいと思わせるような味が絶妙!
今のところ1番のお気に入り 


そして今冬、店頭にはもうクリスマスバージョンがお目見えしておりました。

resize0529.jpg

何種類かのクリスマスのラベルのものが出ておりましたが、私は低カフェインのデカフェ・キャロルを選びました。
ココナッツ、ローズレッド、ストロベリーリーフ。
まだ開封していないのでお楽しみ ^m^
イメージはイチゴケーキ  かな?

ところで、私はどちらかと言うとコーヒー派です。
この紅茶たちを、毎日何度も飲んでいるというより、たま~に飲むというくらいです。
では何がはまっているのかというと。。。
お客様や友人にお出ししたり、家族に出すのが好きなのです。
紅茶をいれて香りを楽しんで、そして美味しいと言ってくれる方々の喜ぶ顔をみるのが嬉しいのです。
自分が喜ぶので、はまってます  








試弾

お世話になっている楽器店に、何度も試弾に伺わせていただいています。
送り迎えもしていただき、何とも申し訳ない 
なにせ  が過去記事通り、お上手なもので。。。  

一昨日もお伺いさせていただきました。
お目当てはスタンウェイとボストンとべヒシュタイン。
、、、のはずが、べヒシュタインはお嫁入り(婿入り?)で、ご不在でした。
残念 
スタンウェイのセミコンは半艶仕上げ。
半艶も格好良いですね~

resize0511.jpg

ところで、私の住む町は小さい町なので、なにか日用品以外の用事を済ませるときは、移動は1時間ほどの2市隣の県庁所在地に行くことが多いです。
今年夏、その市のヤマハ楽器店にベーゼンドルファーが展示されたと聞き、さっそく試弾に向かいました。
念のため、移動中にヤマハ楽器店に確認の為電話したところ、隣県のヤマハ楽器店に移動したとのこと 
つまり、ベーゼンドルファーを東京に戻す目的の中で、途中の位置にあるヤマハ楽器店でも展示したという次第のようでした。
ヤマハ楽器店に確認の電話を終えたちょうどそのころ、隣県に向かうバイパスの手前!
迷うことなく左折してもらい、その日、ベーゼンドルファーを試弾して帰りました。
ちょっとした小旅行?(笑)
美味しいウナギを食べて帰りました 

寒くなりました

昨日から、ぐっと冷え込んできました。
岩手の友人から、小雪が舞っているとメール。
外から帰ってきて体が冷えているときは、温めた日本酒  を適度に少しいただくとポカポカする季節。
あ、日本酒ない! っていうわけで、昨夜は鍋物で暖まりました。
ホントに昨日は寒かったのです  
で、冷えた体が急に暖かくなったからか、食事終えたら眠くなって、なんと2時間近くも仮眠してしまい、夜のピアノ練習できませんでした(大泣  

ところで、4,5年前、ある酒蔵さんの新酒試飲会に伺ったことがあります。
落語を堪能した後、食事を戴きながら、お酒を飲むことができます。
酒蔵さん主宰ですから、もちろん、お酒がメインの会です。
落語が終わり食事が始まる待ち時間に、部屋前で日本酒がふるまわれ、その後、食事の席に案内されるとテーブルにたくさんの種類のお酒。
当たり前と言えば当たり前なのでしょうが、  は一切なく、その酒蔵さんの  のみがずらりと。
そりゃそうですよね~
普段はビール党なので、ビールはないんだ~と思いましたが、日本酒を飲んだらおいしかったのです!
和食の味がなお一層引き立ち、たくさん食べてたくさん飲みました。
なのに、次の日、二日酔いもなくすっきり!
その時聞いたのは、日本酒というとアルコール度が強い、二日酔いのイメージがあるけれど、純米酒はスッと抜けるのだそうです。(〇〇〇〇〇ー〇の入っていないもの)
それから、寒い日には日本酒(純米酒)を戴くようになりました (#^.^#)
(もちろん、練習するときは戴きません、念のため(笑))
ただし、、、、日本酒は太る  



調律師さん

調律師さんよりお電話いただきました。
張り替えたばかりの弦を気になされて、来週再度メンテに来てくださるとのこと。
もうボヨボヨ~  状態です。

ところで私、車の運転は、やっとペーパー脱出。
サイドミラーはいつ見るの(・・? フロントミラーはいつ見るの(・・? 状態でした。
見る暇なかったんです 
曲がるときに歩行者見るので精一杯  
後ろまで見れないので、車の後ろは、後ろの人が前を注意するというように、みなさんも私もそれぞれ前だけ注意して運転したらよいかも  と、わけのわからないことをひそかに考えたりして(笑)

で、以前、車に乗っていた時に、調律師さんよりスマホに着信あり。
ちょうど止っていたので、車中で聴いていた音楽のボリューム下げてから応答しました。
後で調律師さんに「えっ  あれで音量下げたんですか!かなり音楽聞こえていましたよ 危ないですよー。あれでは外の音きこえないじゃないですかー」

ああ、外の音も聞きながら運転するものなのね~と、、、。

調律師さんは、ピアノのメンテだけでなく、車に乗せてくれたりした他に、運転の指導までしてくれるんですよ ^^;
お陰さまで、運転はだいぶうまくなりました( ← ウソ?!)

アヴェマリア

ずっと前から知っている曲でも、その時々で想う自分の、はまる曲があります。

クリスマス会が控えているのもあって、アヴェマリア色々見てました。
楽器店に問い合わせした際に、沢山の作曲者たちの同名アヴェマリアを扱った曲本があるそうな。
興味がありましたが、そんなにアヴェマリアばかり弾いてもねぇ、、、。
で、これはパスしました。(それ以外のいくつかの本を注文し、明日届くのが楽しみ 

その中で、もっとも有名なグノー、シューベルト、カッチーニ。
今、カッチーニの曲に惹かれています。
今の自分の想いにマッチしているようで。
どんな想い?
それは、この曲を弾いている自分の想いであって、ほかの方が弾いてもそれは違うのではないかしら、、、?
もちろん、快活なとか、ゆったりとか、しっとりとか、元気なとか大まかな印象で共有することはありますけどね。

もともとのピアノ曲ではないので、編曲となるのですが、この編曲も様々なものが出版されています。
なので、その編曲にも大きく左右される場合もありますよね。

たとえば、日本のうた「雪」
アレンジもので言うと、ジャズバージョンでウインタースポーツの楽しく雪に喜ぶ様子、高音でまとめるときらきら空から舞い降りる結晶の様子。。。
短調があったらいただけないですけどね、、、。寒い印象だけ( 一一)

で、なぜカッチーニかというと、その楽譜の編曲がとっても気に入ったともいえます。
私の場合、こういったゆったりと聴かせる曲は、編曲者のセンスが 好みとマッチしたとき、お気に入りになりますね

これを弾いていたら母が、あら、この曲ドラマによく使われているわよって、メロドラマ???
私はテレビは見ないので、どんな番組で、どんな場面で?よくわかりませんが、なんか複雑、、、。


弾き手も聴き手

私は、演奏の内側を聴くのが好きです。
演奏会、サロン、イベント、発表会、などなど。
その音楽を聴きながら、ここ素敵だな~演奏者はここにこだわって弾いているのかな?
ここの部分がすきなんだろうな~、
ここ苦労したのかな?でもよく弾いてる、
お子さん小さいんだよね、お子さんの昼寝の時間で練習したんだろうな~
音はずしても、小さい手目いっぱい広げてメロディひいてるな~

そんな内側の伝わる演奏に惹かれます。
いろいろとおっしゃる方はいますが、学習のために聴く方は、巨匠のCDなりを聴くと良いですね。
素晴らしい演奏ができているなら、今頃CD出して、世界中演奏旅行に出かけていますって!
レベル云々、どんな曲を弾こうとも、上を目指しているから日々練習しているのであって、何かを犠牲にしたり、時間の捻出のために工夫したり、悩んだり、、、そうやって練習した音楽につまらないものはありません
同じ音楽を作るもの同志、その苦労よくわかります。

なにか言いたい方があれば、その方がそのように演奏すればよいだけの事です(*^。^*)

その苦労や葛藤をお互い知っているのですから、その上に出来上がった素敵な音を認め合い、素敵なところを刺激にして、うまくなっていきたいな(^^♪

いつでも必死

時々ディサービスで演奏したり、施設のイベントに呼んでいただくことがあります。
人生の先輩というと、演歌や民謡と思い浮かべがちなのですが、おひとりおひとり、様々な人生を歩んでこられているんですよね。
娘さんお二人のために家に2台ピアノがあって、ピアノ曲をよく知っていらっしゃる方。
お仕事で世界中を駆け巡って、各国のクラッシック曲に思い出のある大学の教授。
日本のドラマ(当時流行した「君の名は」ご覧にならなかったそう)は好きではなく、洋画(オードリーヘップバーン主演の映画など)をよく見られる方。
ジャズが大好きな方。
讃美歌がお好きな方。
甥御さんが有名音大卒業し、音楽の先生として活躍なさっているという方
おまけに、支援相談員のかた、某有名音大出。。。ちょっとも手は抜けません。


必死に練習していくわけです^^;が

その方の人生に沿った曲を演奏すると、「あのころを思い出すわ」って涙流されるのです。

人前で演奏するときは、聞き手は音楽を聴いているのであって、演奏者の技術を聴きに来ているのではない、と教わったことは過去記事に書きましたが、人生を重ね合わせて音楽を聴く方の深さに、人前で演奏する意味を考えさせられています。

こういうところでも、弾き手は、聴き手に育てられていると思います。

もちろん、民謡や演歌が大好きな方もいらっしゃいますが、民謡は民謡歌手の方にお任せし、演歌はカラオケで歌っていただくほうが気持ち良いかと(^_-)☆

で、練習あるのみなんですけど、、、。
ファレミレのところで納得いかず、2時間費やし、前に進めていない本日でした 
 ダメじゃん
秋バージョンの曲、冬になる前に仕上げなきゃ 

幼稚園で

だいぶ前のことですが、幼稚園で月2回、定期的にピアノを弾きに伺っていました。
その幼稚園は市立の幼稚園で、元気いっぱいのお子さんと一緒に時間を過ごさず、ゆったりと時間を過ごしながら、小学校の集団生活になじめるよう、きめ細かく一人一人を見守る幼稚園でした。
アニメの曲、ジブリの他に、ギロックの曲もよく弾きました。
私的には、ギロックが好きで、よく弾いていましたね。

そちらに伺うための最初の訪問で、園長先生とお話をしたとき、スキルアップ(ある認定を受けるために訪問する方が多いそう)のために来る方は、未来ある子供達のためにお断りしていますとのこと。
私は、ピアノ弾きたいんです、と事前にお話してお伺いしたので、速攻話がまとまり、弾かせていただくことになったのでした。

最初のうちは、ピアノ曲弾いていました。。。
が、園長先生、急に無茶振りしてきて、

ハイ!像になりましょう~、ライオンが登場~、嵐が来ました~、雷~、雪がちらちら振って大雪~って、、、即興演奏? 
パワフルな先生でしたけど、子供たちをとてもいつくしんで、向き合っていらっしゃいました。

私が音楽をもっと、人前でピアノを弾くことの理解があったら、もっと違ったピアノを弾けたと思いますが、とても意味深い経験でした。




音符の数

ピアノという楽器、ご存じの通り音の高低の幅が広い   
低い音の楽器、人の声に近い楽器、高い音の楽器etc.のオーケストラ曲もピアノの編曲もので弾くことができるし、そういった楽器や歌の伴奏もできる。
だから。。。
ピアノ曲は音符が多い! 

譜読みも読むが多くて、歌う声部も多くて、アンプも  多すぎ  

だけど、数の多いアルペジオを和音で鳴らすと、深いバスの上に重ねられた音の集まりがステキ 
左手の小指側いっぱいで弾く低い激しい音に、高い音に向けて一気に駆け上がる右の盛り上がりの見せ場

えぇ、良いんですよ、そのように仕上がれば。
そこまで行くのにやっぱり音符が多い 
今週の休日も、音符の数ぶん、ようようの組み合わせを作って練習するのです 

電車の中で

所用があり、19時30分ごろ電車  に乗りました。
通学、通勤で混んでいる時間。
つり革につかまって立っていましたが 、何となく、目の前に座っている方の動いている気配。
見ると、40代くらい?の方がスマホを操作していて、その指の動きの速さにビックリ
リズムは、ラ、カンパネラの同音連打と同じ
親指は独立していて、他の指の関節もしっかりしていて、指は太くがっちり、手は大きく。
ピアノ向きの手 
仕事のメールか何かかなと思いつつ、暗闇の窓に映るそのスマホの画面は。。。。。。。。。ゲームをされているようでした~
ピアノ弾いたらすごいかも >゜))))彡