Category: メトード  1/1

シューベルトって

No image

シューベルトの変奏曲に苦戦しております。弾きにくい⁉ベートーベンやバッハでは気づかなかったことが、シューベルトの弾きにくさで気づいたことがあります。それはリストからシューベルトに戻ったから。昨年リストを練習していて気付いたことがありましたが、今年シューベルトを弾いていて応用してみたら、あらっ?と思うことがありました。リストに教えてもらうシューベルトのこつ?弾き方は全然違うのにね。私が気付いたそれっ...

  •  0
  •  0

伴奏

No image

左手のアルペジオの伴奏形は、親指も大事だけど、もっとも小指が大事だったのね(^^♪小指がしっかりしていないと揺れる。他の指にばかり気を取られていました スピードスケートなんかで、カーブで膨らみましたって解説ありますよね。アルペジオの最中に倒れたり起き上がっていたらロスが大きいよね ...

  •  6
  •  0

指の向き

指の向きって、ちょっと油断していると外向きにはいっていきませんか?人の手って、日常の動きでそんなふうな向きになりやすいのでしょうか。私の指はなまけものなので(指に脳はないので、イコール私の脳は怠け者(^^ゞ )、すぐにだれっとしたくなるようですが、ピアノを打鍵するときに、鍵盤と指が感覚的に平行に相対さないと、なんだかしっくりきません(^^ゞそれで、手のひらは鍵盤と並行にしながら、指の軌道修正を時々やって...

  •  2
  •  0

柔軟な動き

No image

先週、らららクラッシックを見ました。その日は、ショパン練習曲をとりあげていました。ショパンは、体も弱く、手も小さかったから、柔軟な手を使う曲を作ったと。(でも、少なくとも、小柄な日本人よりは大きかったよね)その時のテレビの映像に写った(イメージ画像)方の演奏していた手は大きかった!曲はエチュード25-1でしたが、最初から広がった音も、あまり手の位置が動くことなく押さえていました。 orz私が弾いたら、...

  •  8
  •  0

長爪

No image

ピアノは、丸い形の指で弾く。 そういったことからなのか、爪の形がもともと長い方が、ピアノを指先で弾くために爪をできるだけ短く切って深爪をしたという話もよくききます。 わたしの指も爪が長いので、指の腹の面積が広く鍵盤に当たる弾き方をしています。 指の先端で弾くと当然爪が先に鍵盤に当たってしまうので、そうならないように他の方々よりは伸ばしぎみで、手のアーチ型はなだらかかもしれません。 でも、ピアノ人生の中...

  •  7
  •  0

工夫 その2

台風が過ぎ去りました。被害に遭われた方の一刻も早い救助を祈っております。ブロトモのString G-ForesutのKazuさんが心配で電話をしたけど応答なし。もしや非難しているのでは?と思いましたが、着信に気づかなかったとのことで安心しました さて、工夫パート2テンペスト2楽章右手と左手が交差するところ手が小さいなら、小柄で腕も短い 腕を交差して弾く音が届かなくて、左手のト音記号に移る高い音は右手でとり、左は、右で...

  •  17
  •  0

工夫

手が小さいながら、色々の工夫考えます。浅知恵ともいう 8度以上のオクターブは、ずらして弾く。タンと終わるべきところ、タタン。8度内での和音も、取りにくいところは、割って弾きます。またはアルペジオで。こういうことは、皆さんご存知でいうまででもありませんけど。(^^♪オクターブがメロディで来ると、音楽として大事な部分なので端折れない 。なので、必死に練習するわけですが、、、レガートで弾くために、音符の長さを...

  •  16
  •  0

脱力

脱力  して弾くために、一音ずつ腕から落とし、その都度力が抜けているか確かめる作業をします。操り人形をイメージしていただけると解りやすいです。糸を上げる  と腕が上がり、糸を離すと瞬時に落ちる  。この作業は、音符  の数が多いととても時間がかかります。3時間  練習しても、1.2ページぐらいしか進みません。なので、譜読みと一緒にやってしまいます。と~っても地味な作業です。フワフワ  のドレスを着て華...

  •  4
  •  0

メトード

 私が師事していた先生  はパリ在住  のピアニストで、脱力の大切さを教えてくださいました。脱力した状態で必要な重みを使い、自然の動きを使ってピアノを弾く。例えば、軽くて速いパッセージなら指先だけの重みを使って弾く。もう少し重みを使いたいときは手首から先の重み。次は肘からの重み、肩から腕の重み。そして、もっと重厚で強い音は、体全体の重みをかけて弾く。動きは、振る、投げる、落とす、はじく等々。。。。...

  •  0
  •  0