Category: 楽譜  1/1

版が違うと指も迷う

楽譜そのものを使っていると、書き込みしたり、何回もページめくりをしていたみます。ぼろぼろになって買いなおした楽譜もありました。持ち運びも重いです。それで、コピーして使うようになりました。いくつもの版を持っている楽譜はいつの間にか何版だか不明になっています(笑)久しぶりの曲を、コピーした楽譜でさらいました。一か所、以上におかしくなってしまいます。だいぶ崩れているのは仕方ない。。。と思いながら、指使い...

  •  2
  •  0

届いた楽譜のその後

こちらが全6ページの楽譜Aこちらは全5ページの楽譜B(難度はAより高い)AとBは、出だしはあまり変わりませんが、2ページ目にいくとBの方が左の音符が増えています。そしてこちらが全25ページの楽譜Cの1ページ目楽譜Cの2、3ページ目Cは、一ページ目が見開き両面印刷でなく、A3サイズ片面左から始まるので、比較のために次の見開きとなる2ページを載せることにより3ページ目までアップしています。AとBは、前奏部分4段を経てメ...

  •  2
  •  0

楽譜とご対面

No image

注文していた楽譜が届きました!わくわく わくわく わくわく ~。。。。はい(゚∀。)?なんですか、このページ数は。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。       私が注文した曲はオーケストラの曲で、作曲者自身で2台ピアノのための編曲は残していますが、ピアノソロについては沢山の編曲者によって、初級から上級までのいろいろな楽譜が出ております。また、ピアノ譜の場合、オーケストラ版...

  •  13
  •  0

新曲

No image

弾きたい曲がいっぱ~い。どれにしよう、何にしよう  (´∀`*;)ゞ先ずは楽譜を集めています。クラッシックピアノ曲であれば楽譜は一つですが、オーケストラのための曲であればピアノ用に編曲されたものは沢山出ていて、興味のある曲に対して5,6バージョンは集めているでしょうか。もともとのオーケストラの原曲をできるだけ失っていないものが希望です。こういう時はネットは便利ですね。私が探している曲は、作曲者がオケで...

  •  4
  •  0

テンポ

お楽しみシリーズのために、面白そうな民謡メドレーの楽譜を見つけたので、譜読みしてみました(先週、過去記事ですこしご紹介していた楽譜です)。最初はこきりこ節。小さい頃は、大漁歌い込みしか知りませんでしたので、中学校くらいだったか、教科書に載っていたこの曲を聴いたときは、変な曲だな~と思った(民謡を知らなかった)記憶があります。テンポは♩=72つぎに、佐渡おけさが続きます。リズムが独特ですね。でも、なんと...

  •  13
  •  0

花のワルツ

チャイコフスキー「くるみ割り人形」はバレエ音楽でありながら、バレエから離れても有名な曲でもあるし、クリスマスの時期には引っ張りだこの曲ということもあり、楽譜はいろいろ出版されていますね。バレエ音楽&スケートの曲集で見たものは、出だし和音のあと、上昇分散和音後の下降がなく、その後のカデンツァがありませんでした。ここは柔らかく、きらめくように奏でたいところです。全音の楽譜はどうでしょう。華やかで、カデ...

  •  12
  •  0

楽譜

どこかで弾く時の楽譜は、プログラムにそって表紙や歌詞なども入れて楽譜を作って(簡単な製本)練習します。今回の楽譜表紙です。凝れば色々の工夫ができるでしょうけど、私はこの辺止まりで(笑)表紙の次のページは相手先にお渡ししたプログラムと進行の流れ(最初は登場してすぐ弾く、とか、この曲はこんなイメージとか、曲の説明など)を書いたページがあります。その次に弾く順に楽譜が続き、最後は、歌詞と相手さまにお渡し...

  •  3
  •  0

最初に楽譜を

私は、楽譜をコピーして練習しています。すぐ書き込むし( ..)φ、ボロボロになるし、持ち歩き  も不便なので。譜読みが進むと、切り貼り  をして、また楽譜を作り直します。フレーズの終わりや休符のところ、譜めくりしやすい箇所で次のページ  に変わるように、縮小したりしながら作ります。結構、時間かかります。 その時間、練習したら  って話なんですけど、私には大事な作業です。で、先日よりこのページの譜読みがさ...

  •  2
  •  0

pianoと電卓

音楽って、聴いている  ときは、感情や想いなど湧き出てきて、感動したり  ウキウキしたり (^◇^) 、涙  したり。でも、演奏する方は案外算数です。+ - × ÷ =テンポが一定に進むから音楽が流れ、拍が規則的にあり、手  の都合は関係ないのです。今日、譜読みした箇所。  赤の鍵「」の範囲は一小節になります。拍子は8分の6。右の音符は46個あります左の音符と休符は合わせて6。右と左の拍を合わせるために...

  •  0
  •  0