責任重大から肩の荷がおりました

新設のサービス付き高齢者住宅さまより、演奏の依頼とともに鍵盤楽器を購入したいとのお話がありました前回の記事のその後のお話です。

1/25に楽器店に伺ってピックアップしたのは、電子ピアノならK社木製鍵盤の新品。
同価格なので、アップライトもおすすめしたいなと試弾したのがY社U1の20年経過物、Y社U2と同モデルのK社の10年経過物、Y社U3の30年経過物のピアノ。
参考としてのプラス〇〇の30年落ちのUX3。
このうちY社U2と同モデルのK社の10年経過アップライトは1/27に売れました。
チャリティコンサートを行って被災地にピアノを送る活動をされているピアニストの方が、選定にいらっしゃってこのピアノを選んだそうです。
決め手は新しいということだったそうです。
中古アップライトは、10年経過というのは新しい方で、ほとんどは30年前後が市場に多く出ているそうです。
参考としてのプラス〇〇の30年落ちのUX3もほぼ売約済み。
中古はタイミングってありますね~

ところで前回の記事で、私がひそかに選んでいたものは、、、。
Y社U3の30年経過物のピアノです。
やっぱり音の幅がありました。
ただ、購入される方の考えもおありでしょうし、置き場所、移動の有無もありますでしょうし、施設の使い方のお考えもあると思うので、軽いものが良いのか、コンパクトなものが良いのか、etc.、弾き手の都合は言えませんのであえて申し上げませんでした。
そして1/30(今日)に楽器店に見にいらっしゃることになったので、私がいたら気を使って選べないのではないかとも思いましたけど、私の方も気になって楽器店に行きました。
(私は運転お上手なので、楽器店で迎えに来てくれました ^^;)

電子ピアノの新品とアップライトの中古、アップライトの新品とグランドの中古が同じ値段のライン(お話する際のたとえの目安)になることを、車の購入を例に例えてお話しました。
こちらからは、これが良いとかなどは一切お話していません。
だって、すべては購入される方の都合によるのですから。
私がしたことは、Y社U1の20年経過物とY社U3の30年経過物ピアノを実際に弾いた事です。
ちなみにバッハ、、、ハハハ ( ← ウケました? ウケないですよね~(^^ゞ )

こちらの社長、音を聞いて即決!
Y社U3の30年経過ピアノに決まりました。
ものの数分 

社長ご本人がお決めになり、ホッ  っとしました。
2月の演奏はこの楽器になりました ^m^

ところで、社長がお帰りになった後、楽器店の方が「グランドと違ってアップライトでの同音連打は、一度鍵盤を上げて弾かないと音が鳴りませんからね」って。
えぇ~、同音連打満載のこうもり(シュトラウス作曲)をプログラムに入れてるのよ~ 
楽器店のかた、「あとは腕でカバーしてください」
 「。。。。。」

テーマ : ピアノ - ジャンル : 音楽

責任重大

昨日は、3か月に1回の調律の日でした。
レディピアノ(マイピアノ)は、調律師さんのなでなでにごろごろにゃ~ん  、いや、くぅ~んくぅ~ん  とじゃれておりました  

ところで、その日、新設のサービス付き高齢者住宅から演奏の依頼がありました。
お話を聞きましたら、鍵盤楽器はないそうです。

今までも、依頼が来て、「楽器はありますか?」と聞くと、「あぁ、そうですよね~、楽器がないとダメですよね~」と、ようやくピアノは楽器が必要なんだと気づかれることが多々あります。
こういう場合は、持ち込み可能な範囲のぎりぎりの重さの電子ピアノ、ローランドDP90Sを持ち込みます。
持ち込むといっても、施設の方に楽器を前日に取りに来ていただきます。
幸いなことに、施設では車いすのご利用者様を何人も送迎したり外遊び等での移動のための大きい車がありますので、職員のかた数人で88鍵の一体型のデジPを運んでいただきます。

今回の依頼先では、経営者の方と直接の面識はないのですが、地域に密着しながらご利用者様のご家族も招いて音楽会を積極的に催していきたいというお考えがあり、演奏に間に合わせて鍵盤楽器を購入したいとのこと。
きっかけになったのは、電子ピアノの価格のお話からでした。
そのくらいなら購入したいから、新品¥〇〇くらいで任せるから。。。と。
えぇ   責任重大!

というわけで、親しくしている調律師さんの楽器店へ行きました。
電子ピアノの話からの流れでしたから、デジPなら私の個人的な好みのK社の木製鍵盤をおすすめしようかと思っていました。
こちらの楽器店さんは、おもにボストン、ベヒ、スタンウェイ、それからローランドを押している楽器店さんなので、お客様が買い替えの際に下取したアップライト、グランドの中古も再生して多数扱っています。
同じ価格帯で中古のアップライトも並んでいました。
あら、同じ価格ならこちらのアップライトも良いのでは。。。?
Y社U1の20年経過物、Y社U2と同モデルのK社の10年経過物、Y社U3の30年経過物が同価格帯。
どこにポイントおいたら良いか、これ、迷いますよね~
楽器そのもののランクか、消耗年数か。(オーバーホールは済)
経営者の方の価値観次第です。
ちなみに30年落ちのUX3(Uシリーズを充実させたシリーズ)がそれよりプラス¥〇〇でした。
2年落ちのY社グランド3型が¥〇〇  はビックリ!
中古グランドもお買い得ですよ~心の声はしまっておきます(笑)

帰宅して、直接面識のある方にお伝えして電話で経営者の方にお話ししていただきましたが、結局、任せるからとおっしゃり、信頼していただいたのは光栄ながらも、いいのか?私が決めて(・・? 状態です 






テーマ : ピアノ - ジャンル : 音楽

夜更かし

普通は、お夕飯  食べた後、片づけをしたり明日の用意をしてから、まったりして就寝になりますでしょうか。。。

自分を含め、ピアノ弾く方は、まったりの前にピアノを弾くという  時間が入りますよね? (時間の使い方、又は仕事等で違う方もいらっしゃいますので、一般的には、とご理解くださいませ  )
そうすると、まったりした時間が押されてついつい遅くなるのです 
その後はお楽しみのブログも控えていますし 

昨夜も。。。。。

今日は所用で片道3時間かけて埼玉に行きました。
日帰りなので当然朝早く起きます。
昨夜も、もたもたして(夜更かし)いましたが順調に早く起き、 なことや  なことや  なことや  なことや  ← これはないです!

行き

最寄在来線駅 ⇒  新幹線

新幹線    ⇒ 大宮駅
危険だな~と察知したので、スマホアラーム設定しましたよ~。
なのに、あぁ、危ない危ない
うとうと  していて、大宮駅停車前で気づき慌てて降りました。

大宮駅    ⇒ 在来線目的駅
 。。。。。。  大慌てで降りましたけど、もちろんレディ  ですからスマシテ降りましたよ~

帰り

目的地駅   ⇒ 大宮駅
とっても不安なので、乗務員さま  に到着時間を聞いてスマホアラーム設定。
 。。。。。。 
ふと時間を見ると、7分到着のはずなのにまだ車内案内アナウンスもなく、焦る 
同じ車両の方は皆様爆睡!!
慌てて違う車両に行って  聞いてみたら、大宮駅はまだですよ~と。
ホッ 

ホッとしたところで 缶 を〇本買ってようやく新幹線に乗り込みました。
あとは順調に帰宅~ 

一日睡眠取ったので、今夜は  パチパチ 
また遅い就寝になりそう~

バッハ

ピアノ曲をBGMとしてあまり聴くことがないのは私だけでしょうか?
ここはどんな演奏になってるのだろう~と学習のために聴くことはありますが、BGMで聴いてもついつい熱くなって聴いてしまって疲れます(笑)

数年前、あることから、夜眠れなくなったことがあります。
当然夜が長いわけで、なにかBGMを流したくなりますよね。
でも、ピアノ曲はおろか他のジャンルの音楽まで聴けなくなり、音楽そのものが全く受け入れられなくなってしまいました。
こんなこともあるのですね~
それで、水の音とか、風のおととか、鳥のさえずりの音とか、そんなものだったら良いかと探しました。
あまり手に入れられなくて、長い付き合いの友人が、遠方から送ってくれました。
友人には感謝です。
しばらくそんなCDを聴いて眠りについていました。
とある日、なぜか思い立ってバッハの平均律流してみました。
あ~ら不思議。
BGMで聴けて眠りにつけるようになったのです!
それから、又音楽が聴けるようになりました

もう一つ、バッハについてのお話。
ショパンを弾きこんでいた時、本番1週間前、突然指が全く動かなくなりました。
腱鞘炎ではありませんよ~。
腱鞘炎にはなったことがありません。
ショパンに憑りつかれたのです(夜な夜な現れたとか、そういうのではありませんよ~。ショパンが夢の中で出現してくれたら、それはそれで嬉しいのですけど、、、でもそれも怖いです)
恩師が「あぁ、そう」って軽くおっしゃって、一番弟子のかたも「ショパンに憑りつかれたのね」って軽くおっしゃっていたので経験してるのだなと思いました。
そこで救ってくれたのもバッハの音楽でした。

今、平均律の曲も取り組んでいますが、弾いていて無心になれます。
困ったときは音楽の父と言われるバッハに相談します。
「おとうさま~、どうしよう~」。



テーマ : ピアノ - ジャンル : 音楽

工夫は続くの中休み

お正月に飾ったお花がしぼんできたので、まだ健やかなお花だけ取り出して新しく活けなおしました。
えへん!
そこは威張らなくて良いから。。恥ずかしいでしょ(笑)

アフター
resize0665.jpg

最近ピアノで凹んで、今日は練習休んでこんなことやってみてました。
そういう時お掃除なんかやってみたら?あそこもここも散らかってるよって話なんですけどね~ 

きょうはお祭りです。
神聖な裸参りの神行事など、日本の伝統は素晴らしいですね!
意気込みが元気を分けてくれます。
明日も頑張ろう 

テーマ : ピアノ - ジャンル : 音楽

工夫は続く その2

ショパンエチュード10-12 革命

あっ、今年は私も革命よ!手のね。。。
先ずはストレッチ、ボキボキ 
ダメですよ~ボキボキは。。。
あくまでゆるりとしなやかに、、、ホホホッ 

なぜこの曲かというと、白鍵のみの連打は濁りがひどくなりますが、黒鍵は隣で邪魔する鍵がないので打鍵しやすいということと、オクターブのまとまりが小さい単位であらわれ、休符や伸ばす音を利用しやすいという点からです。
もちろん余裕などなく、十分にハードルは高いですけどね   
やっといくらか開いてきてのスタート!
まだまだ手の開きが悪く、長さもない自分の今の手を使っての練習記です。
いまだにこんな練習してるの~ なんて言わないでくださいね 
来年の今頃は、もっと手が開いているはず 

手は個人個人で状態が違いますし、これはあくまで自分の練習記として書いています。(*^。^*)
興味のない方スル~してくださーい (*^。^*)
それから、これはこの曲のアプローチではなく、あくまでもオクターブをできるだけ楽にして弾くかということの練習工夫の観点から書いていますので、オクターブを中心として音楽を組み立てているところもあります。
音楽のつかみどころは皆様の工夫を。。。千差万別の演奏が音楽の楽しみ所ですね~

resize0657.jpg

※ 楽譜はパデレフスキー版、ペータース版使用

見ての通り、3箇所にオクターブのまとまりがあるので、① ② ③ とします。

①は、当然曲を始める前に鍵盤に指を当てておきますよね。
フォルテなので尚更1と5の指ばかり気になりますが、5本すべてが鍵盤に密着してそれぞれの指が重みを支えてそれぞれの音を打鍵したいところ。
その際、右に気を取られるあまり、左の休符+2音で1拍、次は4音で1拍が崩れそうになるのでアクセント2つに留意。
この冒頭の左の始め方でこの曲の速さが決まってしまうので、後々の速いオクターブのために急ぎすぎず慎重に行くためにも大事なポイントになりますね。

②は、ラ♭ーソレー
先ずは出来るだけ小さいまとまりに分割します。
ラとソレーの二つに分けます。
ラの前は休符が長いので、①のように打鍵前に指を当てておきます。
この時、左に夢中になっていると右があわてて直前で打鍵することになってしまうので、左をタタタタやりながら右が早めに当てられるよう準備をする練習もします。
ラ♭の音は本来伸ばしていますが、ラ♭とソをスラーでつなげないで、ボツッとならない程度に切ってペダルでつなげて、次のソに備えます。

ソレーは一つなので、ここは2音のみ取り出し素早い移動の練習をします。
この練習は、楽譜通りの和音でやるだけでなく、ようようの組み合わせの練習をします。
例えば、親指のみソからレ。
同じく親指ソからレファ、次はソからレファソ、レファソレ、ファ、ファレ、‥等と増やす。
小指ソから同じく上記のように。
1音から2音へ、2音から3音へ、2音から1音、2音から2音、、、沢山組み合わせできます。
ここで留意したいのは、移動に時間はかけられないので、鍵盤から離れずに横移動できるように意識します。
私の場合、この練習をしているとき、最初の音から(何音の場合からでも)次の音へ移動したときに、次の音に小指が含まれると、小指だけが鍵盤から浮くのが解っているので、移動時に鍵盤に小指も吸い付くように気を付けて練習中です。
スラーがあるからには、鍵盤をなめるように下から  で行きたいですね。
これはできるまでやりましょう、私。 ガンバレ~     

次に、この②で主要な音は、ラ♭とレ。
間に挟まれたソは音の価値は小さく触れるだけなので、重みのあるラとレを取り出す移動の練習
あわせて、ソは重さを少なくレを重くした二音の練習もセットでね。

それから左のドソドソシと縦の線を合わせながら、ゆっくり、しかし移動は瞬時の上記の練習(組み合わせ色々)を繰り返します。
あぁ~、先は長い!
線路は続くよ~どこまでも~   ですね (#^.^#)

③の右和音ファソレファは、下のファとソは当然1の指2音取りますよね?
その際の指使いについては悩みます!
1245でとるか1235でとるか思案中。
レを3でとると、3の指は長いので、移動してきたときにどうしても両隣の黒鍵に当たって痛い 
理由は、私は長爪なので指を立てることはできません。
指の腹で打鍵するためには、爪の長い私は、指の形は緩やかなカーブ形になります。
手の形、指の形、腕の形は人それぞれなので、大まかなことは共通するとしても、細かなことは違ってきますね。
使いたくなるのは3の指ですが、4の指はぶつかりはないです。
ただ、叩いてしまいそうなのでもう少し思案してみます。

端折って書いても、ここまで来るのになんと突っ込みどころマンサイなことか(爆)

手の大きい方はどんなふうにこういった曲のアプローチするんでしょうか。
未知の世界。。。
次回はもっと短い楽譜の範囲で書かないと長々になってしまいそうです~ 

なんども言いますが、全然参考になりませんからスル~ですよ、スル~
結構恥のばらまきですから 

テーマ : ピアノ - ジャンル : 音楽

工夫は続く その1

手が小さい私、力いっぱい開いて右は18センチ、左は17.5センチ。
鍵盤の8度は、二つの鍵盤とも真ん中から測って17センチ。



いつも最大目いっぱい開いて弾いていたのでは曲中では無理があります。

でも手が小さくても、脱力してオクターブをきっちり押さえるのは不可能ではないと信念を持っています。

今まで、素晴らしい先生方の教えを頂いてきましたが、どの先生もマムシ指ではありませんでしたし、男性として小さい手の先生もいらっしゃいましたけれど私よりは大きい手でした。
その音楽を作るため手の小さい場合はどうしたらよいかについては綿密なご説明は受けたことがありませんでした。
そこまでは自分の努力と言われればそうなのですけれど、関節が凹む、いわゆるマムシ指は障害になるということも知りませんでした。
ピアニストの先生に、親指が凹むからね、と言われたのが唯一の助言でした。

その言葉から、これは良くないんだと考えはじめ、それから自分なりに指のストレッチを始めました。
身体の柔らかい小さい時期に適切なストレッチを行えばもっと違ったかもしれません。
なぜ小さいころから先生についていながらそこまで知らなかったのか。。。
例えば、ピアノを弾く際に脱力は大事ですが、脱力に関して自然と身についてきた先生が脱力できない生徒に脱力をどうやって教えたらよいかわからないという話を聞いたことがあります。
(ここで明記しておきたいことは、こういう先生は良い先生、こういう先生は、、、ということの意味を言いたいのではありませんし、出会った先生は、想像もできないような努力を重ねた方もいらっしゃるし、また私の人生の指針を作ってくださった素晴らしい方ばかりです。)
そして昨年、若かりし頃弾けなくて悩んで色々な工夫や努力を重ねてきた著名な先生のトレーニングのお話を聞く機会がありました。
私自身もずっと、オクターブを克服できるという強い信念はありましたが、尚一層確固たる確信を強く持ちました。
それで、私は現在も手の開きのストレッチを継続しながら、同時に、フォーム改善も試行錯誤中です。
(今の手の状態では、鍵盤の上からはとれませんし今から指も長くはなりません。
今現在は、演奏しているとき、オクターブは鍵盤の下方向から、押さえたい両方の鍵盤の一つ内側の鍵盤に指を広げてもらいながら、鍵盤の端にひっかけてとっています。
白鍵から黒鍵に移動するときは動きは上下に大きくなるので効率がはなはだ悪い。)
今までの記事の端々にも手が小さいことを挙げておりますが、本当は手の小ささの問題よりも、実は手の開きと支えが一番重要だと考えています。
(昨年お目にかかった先生も同じようにおっしゃっていました。)

特に、マムシ指の場合、最大に開いても、実質鍵盤上ではもっと縮まります。
逆に、同じ指の開きや大きさでも親指の付け根が張り出していれば、角度的に隣の音を触って濁すということが少ないと考えます。




(FC2のお絵かきエディターを使って書いていますが、あまりに上手ですいません(^^ゞ )

①は、マムシ指、または関節が弱くて支えができていないとすると、親指と小指の角度が斜めになるので、隣の音を触るのが想像できると思います。
②は、親指と小指の関節が張り出していて支えができているとすれば、手が小さくても、角度は鍵盤に対して平行に近いと考えられます。

手が小さい場合、たとえば、咲いた咲いたのチューリップのメロディをレガートに歌って弾くということは超絶技巧に等しく、それなら込み入った音符の難度高い曲の方がまし!な~んてこともあります。
もちろん今までもオクターブがある曲、または連打の曲は弾いてきました。

でも思う音色が出なかったり、拍から出遅れ防止のために独自の音楽構成の組立て、音は濁ったり、レガートになっていなかったり、そして何より音楽を作る練習よりオクターブの練習に別途時間を取られていました。
今でもそうですが、コツコツ続けたストレッチのお陰で少しずつ骨格が変わりつつあります。
大人になってからでもマムシ指は矯正できると思っています。
ストレッチはいまだ目標の3合目程度ですが、どうしたら脱力なオクターブメロディを克服できるか、今年も私なりの工夫が延々と続きます!
安定したオクターブ、十分に歌えるオクターブ、当ててから弾くのでなくダイナミックにばっちり決めるオクターブ、軽やかに踊るオクターブ。。。

オクターブの練習内容は、ず~っと以前からもやっている内容と同じものの継続ですけれど、ブログで曲を例に挙げて具体的に書いて行きたいと思っています。
書くことで今までのアプローチとは違う気持ちで取り組みたいですね。

 今年予定している曲は?
並行してショパンのエチュード数曲、バッハ平均律、ベートーベンとシューベルト、リストかな。
そう、人生の先輩に聴いていただく曲もするよ。
ホルスト「木星」、愛の賛歌(オクターブ満載だね~)、あっ、リクエストのG線上のアリアも。
        
今年頑張り年にして克服できたらラッキー!
挫けたらスル~してください (*^。^*)

テーマ : ピアノ - ジャンル : 音楽

笑顔



昨年は色々な方と巡り合うことができ、有難うございました。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます(#^.^#)

一昨日、玄関にお正月の花を飾りました。

resize0654.jpg

右に見えますのは、奥州一の宮の神社より頂戴しました記念の品。
隣に見えるのは、4.5年前に 家族  が書いてくれたものです。

resize0653.jpg

頂きものの何かの蓋に彫刻刀で削って文字を入れて書いてくれたものです。
一の宮の賜り品の隣に鎮座しているこの書き物は、我が家の家訓です 

テーマ : ピアノ - ジャンル : 音楽

プロフィール

レディピアノ

Author:レディピアノ
こんにちは
海の町のピアノ弾きです。
ピアノや脱力のメトード、音楽に関する事や日常のお話を綴りま~す♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
♪  ♪  ♪
♫ ♫ ♫
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR