めだかのあかちゃん

冬に凍ってしまった金魚もめだかも元気です 

過去記事

な、なんと!冷凍から生還しためだかにあかちゃんが!


「ほら、みてごらん」

resize0895.jpg

「へ?  どこ?」
「ほら~」
「むむむ。。。。」
あ、いました、いました。
透き通っていて見つけづらかったのですが、おめめを見つけてわかりました。

resize0894.jpg

そのときは一匹しか見つけられていませんでしたが、写真をアップする段階で2匹写していたことがわかりました。
※ そのあと、ブログの画面確認をした際、左下赤○の中に2匹のおめめを見つけたので、合計3匹写っていることになります。resize0896.jpg

そのとき、残念なことも見つけてしまいました。
おとなのめだかが2匹、、、(泣)


ところで、あの震災の時に思ったことがあります。
いつか思いどおりに弾けたら聴いてもらおう。
うまくなったらこんなことしよう。
あんなこともしたいな~





それっていつ?

命あるいまにやらなきゃ!

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

秘密の計画と内緒の計画

晩夏のころに開くコンサートは、秘密の計画を盛り込んでいます、うっふっふ。
でも、なかなか計画が進まない(泣)
間に合うかな~
結構 かなり心配

それに前後して、内緒のコンサートもゴーサインが出そうです。
って、ブログできっと書くから今だけ秘密で内緒なんですけどね(笑)

秘密の計画を盛り込んだコンサートは、ブログ交流をまきこんだものなので、実行できたら書くと思います。
なのでお楽しみに~~~しないでください(笑)
ネタバレしたらさもない事かもしれませんが、レディピアノにとっては結構大行動なんです

いまだなかなか曲がまとまりません、大丈夫かな~ ^^;

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

ねじ穴の緩み

前回、カタンとなる音を直していただいたところが、またカタン、、、。

早連調律師さんに連絡をし、速攻いらしてくださいました。

resize0892.jpg

ねじの差し込まれている青丸のねじ穴のところが少し大きいために、弾く振動でねじが緩んで来ているそうです。
赤丸の部分のずれは、 過去記事 の赤丸の部分と同じです。

ねじに糸をからませて緩みを加減していただきました。
これでまた緩むようなら、まるごと部品交換になるようです。

ところで、、、、。
は~い、例の本<ピアノのむし>を持ってきてくださいました(*^。^*)

resize0893.jpg

な~んて素敵な調律師さんでしょう~
本当は、自分で買うつもりでしたが、売り切れ状態のようでしたので嬉しかったですねぇ~♪
全20とか30巻とかだと、夢中になりすぎて練習に差し支えありますけど、全3巻だとちょっとの時間で読めそうです。
待っている間に(この間練習できないですからね~)一巻は読めました。
お帰りになって2.3巻もよめましたので、あとは、発売したたびに一巻づつ読めばよいので気も楽に、次が楽しみです 
本をお返しするのは次に調律するときでよいとおっしゃていただきました。

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

おさかな

この町では、なにかご挨拶とかお礼の時に、朝の市場で並んだ   お魚や海産物をお持ちすることがよくあります。
本日我が家では、40センチほどのりっぱなカレイを頂きました 
何もして差し上げていないのに御礼だなんて~嬉しすぎです(*^。^*)

resize0891.jpg

おめめがかわいい 
お口もかわいい 
鮮度も抜群!

resize0888.jpg

厚さも4センチ弱ありました!

resize0889.jpg

身もふわふわですよ~

ところで、私が小さいころ、父はよく早朝に市場に行き、お魚を買ってきていました。
それが、朝ごはんになります。
一番多かったのがおさしみです。
一匹で買ってきたものを母がさばいていました。
私は、お刺身は朝に食べるものと思って育ちました。
例えば、今なら納豆、玉子、パンというような調理の手間のかからない類のものとおなじように思っていました。

その後、中学校になり行動範囲も広がるようになって、お友達の家にお泊りにいきました。
お友達のお母さんが「今日はごちそうよ~」とにこやかに私を迎えてくださいました。
夕食は、、、、、、お刺身。
そのとき初めて知りました。
朝食にお刺身って、海の町だからなのね~、んん~。。。(笑)

ちなみに、小さいころに赤身のお刺身があまりに食卓にならんだせいか、今はあまり積極的に食べてはいません ^^;
あっ、貝のこりこりは大好きですよ~

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

夏のピンクいろ

うすピンクのさくらの記事を、あちらこちらで見かけていたのもあっと言う間に過ぎて、いまは夏いろ緑になりましたね~

社はつつじでにぎわっています。
resize0881.jpg

resize0882.jpg



以前、さくらの記事 でこの公園をご紹介しましたが、、海から150メートルくらいのところにあって、今年はつつじがきれいに咲いてくれました!

resize0885.jpg

resize0883.jpg

resize0886.jpg

元気のない木もみえますが、花も木もチームワークで夏いろの公園を盛り上げてくれています(*^^*)

resize0884.jpg

→続きを読む

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

調律

先月、調律していただいたばかりでしたが、もう音が狂って耳が痛いです。
しかも、先週あたりからファ♯の音がカタンと言う。。。
打鍵するとカタン。。。(・・?

連絡すると早速きてくださいました。

見ていただいたらそこだけこんなふうになっていました。
resize0878.jpg

原因はわかりませんが、そこだけねじが緩んで(振動でゆるむ)いたようで、ちゃんと調整で直していただきました。
ほかに、応急処置範囲で音の狂いも直していただきました。
なにか困っているとすぐに駆けつけてくださいます。
有難うございま~す(*^。^*)

ちょっと聞いてみました。
「私はまだ読んだことはないのですけど、調律師さんの漫画があるのをご存知ですか?」

やっぱり読んでいらっしゃたようです。
こんどお貸ししますよって(^^♪

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

過去に「月」についてこんな記事を書いていました。

出た 出た 月が まるい まるい まんまるい

出た出た、、、
なにが  
月が、月が \(゜ロ゜)/ 
まんまるいよ~ ヽ(^。^)ノ

盆のような月が

とってもシンプルな表現ですが、盆というもののたとえをもってきているところが日本のうたならではで、シンプルな表現が逆に斬新ですね。

隠れた雲に 黒い黒い 真っ黒い 墨のような 雲に  

2番が重要な役割を果たしていますね。 
あんなに丸く夜空にみえた月が、いなくなってしまうのです。
しかも墨のような真っ黒い雲。  
墨はただ黒いだけでなく、濃厚で光沢もあり、厚みのある黒い色のイメージでしょうか。
ここにも日本の文化を感じます。

また出た 月が まるいまるい まんまるい 盆のような 月が

暗闇がぱあ~と明るく。
素敵  ですね~。



さて、いま、十五夜お月さんも弾いています。
同じ月の曲でもこちらは短調です。

十五夜お月さん ごきげんさん
ばあやは おいとま とりました

十五夜お月さん 妹は
いなかへ もられて ゆきました

十五夜お月さん かかさんに
も一度 わたしは あいたいな


えぇ~?「ばあやはおいとま」とったのですか?
「妹はいなかへもられて」行っちゃったの~?!
「かかさんにもいちど会いたいな」で曲は終わるのぉ~~~?!
ん~。。。悲しい曲ですね 

子守歌なども、純粋にわが子をいとおしみながら歌う子守歌もあれば、奉公に出された子が親を恋しがってうたう歌もありますね。

歌詞付きの日本のうたは、作詞者や文学の領域でも調べてみたくなります ( ..)φ
でも、あまり掘り下げると悲しくて弾けなくなってしまいます ^^;
ほどほどにしましょうか。。。
 
resize0464.jpg

私が住む町から見る、月夜の日の海です。
梅雨どきなのに、季節の先取りになってしまいました(笑)
昨年の画像です。

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

緊張

よく「私は緊張するタイプ」とか聞きます。
緊張しないタイプの人がいるかどうかはわかりませんが、私の知る限りでは、どんなに上手に弾く知り合いでも、緊張しない人には出会ったことはありません。
ただ「緊張する」とか口にしないので、あたかも緊張しない人?と勘違いされてしまうことはあるかもしれません。
経験の多い人が堂々と弾くさまをみて、演奏に慣れていけば緊張しなくなるのかなと思ってしまいそうですが、むしろ、人前演奏すればするほど緊張感は大きくなるように思います。
その人の心のうちは見えないですから、じっと緊張に耐えている様を、余裕なのかな~と外から見る判断はあっているのかどうか、、、?

ところで、子供って、ここぞという時に凄い力を発揮することがありませんか?
思春期までの子供は、母親のために生きていると何かで読みました。
母親にほめられたい、認められたいという純真な気持ちで頑張るそうです。
大人になると、色々なことを考えてしまいます。
うまく聴こえたい、上手と言われたい、ある意味見栄や虚栄心が働きがちです。
よくわかりませんが、子供の緊張と大人の緊張は違うのかもしれません。

私も、もちろん緊張します。
恐さを知れば知るほど、緊張は増すのではないでしょうか。
緊張するのが当たり前と思っているので、緊張したら普段の様子
しない時は、なにかおかしいときです(笑)
なので、緊張することを前提として臨みます。

緊張することによってある意味余裕がなくなります。
取り繕うこともできないのですから、最後は見せるものは自分の中身しかなくなります。
人となりが問われるような思いがあります。
完璧な演奏は遠いけれど、音楽に味のにじみ出る演奏(^^♪ができたらよいなぁ~♪と思うのです。

味もあって、尚且つ完璧な(はありえないので、より一層そのように)演奏は来世でもがんばりたい! ^^;

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

音が響いて

私の家から神社までいくときは、神社の裏手をまわります。。

resize0868.jpg

鳥の澄んだ声が聴こえます。
あまり詳しくないので、なんの鳥でしょう。
鳥というからには体は小さいはずなのですが、どうしてこんなに大きな響く声で鳴くのでしょう!
そして音も遠くまで飛ばしていますよね~。
とっても不思議。
そういえば、カエルの声もはっきり大きく聴こえますよね。。。不思議。
もうすこししたら鳴く虫の声も。。。
自然って不思議!

剪定前ですが、神社は夏色。
resize0871.jpg

うみも夏色。
来月は盛大な海のおまつりがあります。

resize0872.jpg
本日の画像は、すべて夕方の風景です。
遠くに見える島々が美しいです。
この写真はかすんでいますが、晴れて澄んだ日は、○○山が見えます。
そう、海の向こうに山が見えます。
次の時は、お天気がよく澄んだ日に撮った画像をお見せしますね。

夏?のコンサート

夏のコンサートは、7月か8月を考えていたので海の曲も入れようと思っていたのですが、会場等の都合で8月の終わりか9月のはじめにずれ込み、このあたりの確実な日程も次回打ち合わせまで決定保留になっています。
この月をまたぐ保留は、かなり微妙です。
なぜなら、季節の変わり目のために、夏の曲か秋の曲か決めかねるからです。
冬の時期なら、はやくあったか~くなると良いな~と上向きに季節を先取りしたくなります。
寒い中に、春を待つ気持ち、さくらや梅の花を待つ気持ちの色は嬉しいですね~。

それと違って、夏と秋の変わり目は、春を待つそれと比べて先取りするニュアンスが微妙に違いませんか?
夏ははつらつとしたイメージですが、秋はぐっとしっとり色になりますよね。
8月7日は立秋です。
秋の先取り
なら秋の歌?
ん~、8月9月はまだ暑い。
紅葉もまだだし。

色をテーマに含ませて考えているので、なおさら紅葉色だとちぐはぐな感もぬぐえません。

あっ、虫の声。
虫は夏から秋にかけて鳴いてくれます。
虫の声は何色?
ちんちろちんちろはどんな音の色?
月の色は何色?
長調の月と短調の月の曲の音の色の違いは?

おぉ~  考えるとわくわくしてきました 

→続きを読む

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

帽子のゴムひも

昨日は、気になっていた用事をするために買い物に出かけました。
なにせ、先日の会を優先させていたので、今週末くらいはお出かけしてもいいよね (*^。^*)

今年初めてがありました。
気温が30℃超え、ノースリーブを着たこと。
それから、3年ぶりに窓が開けられたこと。
そう、いままであかない窓の修理に来てもらえなくて、やっと今年になって窓だけ直していただけました。
おぉ~、涼しい 

日差しが急に強くなったので、帽子をかぶっていきました。
もう、お気に入りをとっておくのはやめたので、あれこれおもてに出してかぶりま~す 

用事の一つに、前回出かけた時に目にした夏の帽子をもう一度見に行きました。
あぁ、まだありました!
もちろんゲットしてきましたよ(笑)

resize0857.jpg

この写真で注目していただきたいのは、黒いゴムひもです。
帽子売り場で展示されている状態では、ゴムひもはついていませんね。
私は、帽子を購入した際は、必ずこのゴムひもをつけていただきます。
えっ、あごに?
いえいえ、それはないですよ。
体育の帽子のようにあごにはかけません。
このゴムひもは、耳脇につけて、髪の後ろに通します。
そうすると、ゴムひもは目立たず、風に飛ばされないですみます。


あまりじょうずに描けなかったのでわかりにくいかもしれませんが、髪の下にゴムをかけます。

もうひとつの用事は、演奏用の靴の修理です。
長い間この靴を履いていますが、室内が使用目的なので外側はまったく問題ないのですが、中敷きがはがれてしまったので取り換えていただきました。
足は一セットしか持ち合わせていないので、これ一足で十分です。
ちなみに、ヒールの高さは低め設定です。
resize0866.jpg
 

帰宅して、お花に水やりをしていたら。。。
冬に凍った金魚鉢の氷を石ごと入れてそのままにしていた袋の中に、緑の葉が見えました 
えぇ~!
芽吹いていたんですね!
湿った袋の中という条件が良かったのですね。
とりあえず水の中にいれてあげました。
resize0858.jpg
        
*プロフィール

レディピアノ

Author:レディピアノ
こんにちは
海の町のピアノ弾きです。
ピアノや脱力のメトード、音楽に関する事や日常のお話を綴りま~す♪

        
*最新記事
        
*最新コメント
        
*最新トラックバック
        
*月別アーカイブ
        
*カテゴリ
        
*♪  ♪  ♪
        
*♫ ♫ ♫
現在の閲覧者数:
        
*検索フォーム
        
*RSSリンクの表示
        
*リンク
        
*QRコード
QR