Archive: 2015年03月  1/1

ひとつ、みっけ~

No image

「らららクラッシック」は可能な限り見ています。親しみやすい曲を取り上げていることが多く、参考にしています。先日は、ケテルビー作曲「ペルシャの市場で」(ペルシャの市場にてのほうがよくひろまっているでしょうか)をとりあげていました。場面ごとの変化に富んでいて、聞いている方はわくわくするような曲調ですよね~楽譜をネットで検索してみたら、洋書でピアノソロもありました。プログラムの雰囲気を変えるアクセントに...

  •  4
  •  0

はい?

家族皆、それぞれあわただしい出来事や行事などをこなし、土曜日久々に遠出しようかという事になりました。なにきていこう~家族が「ドレスでも着物でもなんでも好きなものきていけば~」はい?ナンデスカ、ソレ気候が急激にほんわかしてきたので、体温調節の意味で言ったのですけどぉ~ (--〆)意味わかりません。。。景色いいですね~遠出といっても、きつきつの工程では疲れますので、左の隣県に行くことにしました。山がきれ...

  •  4
  •  0

やっぱり言えなかった^^;

春めいてきました。去年は5月の連休に咲いたクリスマスローズでしたが、今年は今咲いています。今年は暖かかったのでしょうか。去年から持ち越しのプリムラも咲いています。春色ですね(^^♪と思いきや、昨日は雪が降りました。寒い一日でした。今日は風が強かったそんななか、一時間のプログラムで、「カヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲」も弾いてきました。曲の紹介で、曲名をつっかえてやっぱり言えませんでした。この曲、音符...

  •  12
  •  0

はまってます

No image

ピアノピースで出版されている「大きな古時計」、はまってます。いつも頭の中でメロディが鳴っています。歌詞を考えると悲しいお話でもありますが、ゆったりとしているメロディを使っているけれども、同時にスピード感のある盛りあがりあり、3拍子あり、短調あり、内声の面白さがあり、魅力満載で惹かれます。編曲は、後藤丹さん。同じくピアノピースで綺麗だなとおもったマスカーニの曲を編曲しているのも同じ方でした。この「カ...

  •  8
  •  0

シューベルト

No image

シューベルトの「ロザムンデ変奏曲」を弾いていましたが、なんだかわけがわからなくなっていました。気分を変えて、即興曲2番に変更^m^この曲意外と知られていないのですね(>_...

  •  16
  •  0

ねじれ

脱力を習った最初の頃、腕一本、指一本と言われました。言葉では説明できません^^;いまでも、曲の取り組む時の譜読みは、この練習から始めます。最初にならったときのことは、時間の経過や完成の進み具合のその時々で変える必要があるのに、原点に固執したときなどはつい手の構えがかたむきがちになります。最近、この修正を意識しています。でね、なにが言いたいのかと言うと、ねじれの修正作業をしていると負荷がかかっているか...

  •  4
  •  0

次は右手

No image

過去記事(こちら)で、左の親指の左側がひびきれたことをかきました。たっぷり保湿を心がけて治りました、、、が。今度は右手右側がひびきれました(泣)この場所は、ピアノの鍵盤には当たりませんが、やはりオクターブで調子に乗ってひいているとずるっ過去記事と同じように、鍵盤からおちて痛いです(>_...

  •  6
  •  0

春の訪れ

ここまでくると回し者の疑いがぬぐいきれないでしょうか(笑)緑茶や紅茶など購入していましたが、だんだん好きなものがはっきりしてきて、最近ではルイボスティがお気に入りです。春の「さくら」、早速購入しました。ティーバックのまんなかと左上がさくらルイボスティです。この注文の時に、ほかの種類も購入してみました。そのときラベルが選べるようでしたので、楽しい絵柄を選びました。去年のこの時期は、さくらの緑茶を購入...

  •  4
  •  0

おひなさま

このおひなさまは、ちいさいころからありました。それが生まれる前なのか、いつからかよく覚えていません。2月頃に出して3月にしまうというひな壇のおひなさまもありますが、こちらはお雛様飾りというより普通のお人形として何気に一年中飾ってあります。もう古いので、お二人の持ち物もなくなってしまいました。扇子は小さいころのわたしが作ってあげました。お内裏様には、つまようじに色をつけてお持たせしたらよいですかしら...

  •  10
  •  0