flower border

No image

テスト4

アップのために用意していた音源は消えてしまって、何年もまえの青い子犬だけがのこっていました。なんだ、この演奏は、とおもいますが、Gメール設定でつまずいており、どう表示されているのか確認したいので、恥をしのんでテスト用に使います。...

No image

よくわからないけどできたみたい

ピアノのブログでよく見かける「MP3TUBE」という画像がはめ込まれていて音声だけがながれるというアップが理想でしたが、なぜかユーチューブアップが出来ました。公開ってちょっと怖いけど(^^ゞだって、あんな演奏やこんな演奏が世の中駆け巡っちゃうんでしょ?私の演奏で具合が悪くなったら申し訳ないわ(笑)とにかく、自分のレベルアップのために、世の方に犠牲になっていただくのは申し訳ないけど、有効活用もありだと...

No image

なぜ?

2分以内なら、MP3に変換してFC2アップロードできるはずだと理解していましたが、変換しても2MBを超えました。なんで~?せっかくとって変換して、手間暇かけたのに~(泣)わたしはいつになったらアップできるのでしょう~おまけに、レコーダーの中身がみんな消えてしまったのぉ~あぁ~  ORZ ORZ ORZ...

テスト2

事務機器のかたにダウンロードしていただいた超録というソフトの設定は意味不明ですが、これをこのまま使うことにしました。録音してきいてみると、音割れまじかの様にも聞こえます。音の振れがめいっぱいです(^^ゞ設定から録音コントロールを開いてみました。ネットで調べた画面がなくて、今の設定がこんな感じでしたので、、もうこのままでいいや(^^ゞいろいろ設定をかえて試してみる時間があったら練習にあてたいので、もうこの...

No image

設定がありすぎて

ミシン禁止令がでてから、またブログにまい進している今日この頃です(笑)私のPCに内蔵されている録音としては、youkam5というものがありますが、映像と音声、または画像しか選択はありません。音声だけを撮ってくれるものがあるといいなと思っていた時、いつもお世話になっている事務機器のかたがいらっしゃる機会があり、無料ダウンロードができるソフトをさがしてくださいました。超録 パソコン長時間録音機というものです...

No image

音源アップ

はじめて音源アップの導入口にたってみました。感想は。。。これってすごく勉強になります!動画アップが最終目的でなく、生演奏のための鍛錬になりますね。恥をかくことはとても大事なことだと思います。...

えびのあかちゃん

冬の間お世話もしなかったがために、水の濁った鉢の掃除を家族がしたところ、えびが生きていて、バケツにうつしておいたようです。それが、今日のぞいてみたところ、えびのあかちゃんがいっぱ~い。この画像で、確認できますか~?...

No image

テスト

...

No image

演奏動画

どうやったら演奏動画をアップすることができるのか、いまだわからない私です^^;希望は、ユーチューブではなく、音声のみで。何回説明されてもわからない人でしょうね~、きっとこの理解力では。。。スマホで、なぜだかMP3というアプリが入っていて、これで録音してみました。しかしPCで取り込めませんでした。スマホの動画撮影でとって、PCにメールで送ろうと思いましたが、容量が大きすぎてエラーとなってしまいました。...

鍵盤の重さ

本日、調律していただきました。どんな感じにしたいですか?とよくきいてくださいます。私は、カスタマイズはなくていいですとお答えします。物理的な標準でお願いしますといいました。だって、マイピアノは持って歩けないですから、標準で練習して、弾く場所のそこにあるピアノに順応したいと思うからです。それと、会場や機種の音質や、季節によって、弾く時の鍵盤の感覚が左右されますよね。鍵盤自体は軽いのに音質で重く感じる...

これが終わり?

以前、買っていたイタリアの生地。綿ローンで素材も軽くて、柄も既成服だったら絶対買わないであろう冒険も、超絶お買い得だったから。※不具合で画像がどでしまいました。でもね、良く見ると色ムラがあります。ぼかしてあるのは柄のデザインですが、塗っているうち縫っているうち、しみのように見えるインクのにじみのようなものをみつけました。これがお買い得になった理由でしょう。 最初にデザインの一つと思っていた色のぼかしも...

No image

厚み

選曲に悩んでいましたので、古くからの友人に電話しました。スマホを通してですが、曲を聞いていただきました。演奏だけでも一時間?そのほかにもおしゃべり三十分?有難う(感激涙)一番悩んでいたのは、今年話題のスぺクタル映画の音楽。クラッシック曲を中心に構成している中にも、毎回、旬の曲は取り入れていましたが、今回は、クラッシックピアノ曲のみで固めていきたいなという気持ちと、楽しめるものも入れたほうがいいかなと言う...