弓道部の息子。
彼は、弓道は「こころ」って良く言ってます。

ある程度やっていれば、型はできるのだそうです。
同じ型でも、当たるときと当たらない時があるのは、精神だからと。

ピアノもそうですよね~
できているところがその時できなかったり、完全アンプがぬけたり、全く弾けていないと思っても迫るようだったと言ってもらえる演奏ができたり。

なんでもおんなじなんだな~と思いました。

弓道の動画をみたら、ゆっくり弓をひいてしかも弓を放つときブレないので、そうとう筋力いるんじゃない?ってきいたら、力は入ってないんだそうです。
型にはまると力入らなくて、骨で動いている感じなんだそうです。

これきいてビックリ\(◎o◎)/!

ピアノも、指の関節でしっかりと支えができていれば、脱力ができますよね。
脱力が出来ても、支えがなければふにゃふにゃになるだけ。
腕一本指一本。
これは恩師に教えていただいた基本中の基本でした。
腕からの重みが指一本に伝わる。
それは各指おなじで、重みを受ける指は、しっかりと独立して支えられることで伝わるわけです。

息子の「骨で動く」という表現は感覚的にそういう言葉を使ったのでしょうが、なんか衝撃的でした!
2017.05.31 Wed (21:39) l メトード l コメント (8) トラックバック (0) l top
気候も気持ち良い暖かさとなりました。
私の住む町は、春(名ばかり)の肌寒さが長く、例年、連休に入ってやっとウールの上着が手放せるようになります。

あとは梅雨に入ってまた寒くなるんだけどね^^;

そんなぽかぽかのお天気のなか、朝6時半に出発して高速に乗って、ホールでのスタインウェイ試弾に行ってきました。

resize1818.jpg

resize1819.jpg


その後は、美味しい鰻を食べて帰りました。

resize1823.jpg

そのお店に着いたのは11時。
すでに第一駐車場は満車、順番は8番目。
席が空いてよばれたのが12時半だったか、、リアルタイムははっきりと覚えていませんが、食事が運ばれてきたのは1時くらいだったとすると、そのころには「本日のウナギは終了しました」の張り紙があったと思います。

行列のある話題のお店に並ぶのはあまり好きではありませんが、美味しいお店もこのあたりでは知らないので、早めに試弾が終わったこともあって、おなかの空き具合がちょうどのときにたべられました。

もちろんおび~る付きね(笑)
2017.05.04 Thu (21:59) l ピアノ l コメント (8) トラックバック (0) l top