flower border

意図

Category演奏
数日後に祝賀会の演奏が迫っています。
こういった場面での演奏はとても気を使います。
意図は?効果はどこに目的を置いて?
それによってドレスはさておいても、選曲に反映します。

最初の打ち合わせ時に、くどいほど確認しました。
その確認の意味も理解していなかったのでしょう、ここまで来てやっとお分かり頂けたのでしょうか。
早い段階で、これでよいですかと曲目も提示済み、立ち位置も確認したつもりでしたけど、お伺いたてて進めてきたことのこちらの打診がくみ取っていただけず、照らし合わせていないかもしれませんね。

お客様に正面向いたら音は飛びません。
衣装は作業着です。
ただそれだけのことです。
主催者の方の意図がよく見えないので、どうしたものかと。。。

でもね、私の中では、その曲はその曲なのです。
どんな場面でも、その音楽はそこにそのようにあるのです。
練習でも、人前だろうと、音楽がそこにあって、その音楽を弾くだけのことです。

嬉しいとき、困っているとき、悲しいとき、その時の自分の感情と相反していても、嬉しい曲はうれしく、悲しい曲はかなしい、へこたれているときに弾いても、きれいな旋律はきれいなんです。

どんなときでも、音楽を、そういう演奏ができる人になりたいな 
関連記事

4 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/05/25 (Sun) 23:07 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/05/26 (Mon) 22:17 | REPLY |   

ねこぴあの  

No title

>嬉しいとき、困っているとき、悲しいとき、その時の自分の感情と相反していても、嬉しい曲はうれしく、悲しい曲はかなしい、へこたれているときに弾いても、きれいな旋律はきれいなんです。

本当にそうだな~~と思いました。
だから音楽にいつも救われるんです^^
音楽があって、よかった~~。

2014/05/26 (Mon) 22:59 | REPLY |   

レディピアノ  

ねこぴあのさまへ

ほんと、そうですね!
実は音楽をまったく聴けない時期がありまして、そのときの私を救ってくれたのはバッハの平均律でした。
神の領域だなと思います。

2014/05/26 (Mon) 23:21 | EDIT | REPLY |   

Post a comment