flower border

緊張

Category演奏
よく「私は緊張するタイプ」とか聞きます。
緊張しないタイプの人がいるかどうかはわかりませんが、私の知る限りでは、どんなに上手に弾く知り合いでも、緊張しない人には出会ったことはありません。
ただ「緊張する」とか口にしないので、あたかも緊張しない人?と勘違いされてしまうことはあるかもしれません。
経験の多い人が堂々と弾くさまをみて、演奏に慣れていけば緊張しなくなるのかなと思ってしまいそうですが、むしろ、人前演奏すればするほど緊張感は大きくなるように思います。
その人の心のうちは見えないですから、じっと緊張に耐えている様を、余裕なのかな~と外から見る判断はあっているのかどうか、、、?

ところで、子供って、ここぞという時に凄い力を発揮することがありませんか?
思春期までの子供は、母親のために生きていると何かで読みました。
母親にほめられたい、認められたいという純真な気持ちで頑張るそうです。
大人になると、色々なことを考えてしまいます。
うまく聴こえたい、上手と言われたい、ある意味見栄や虚栄心が働きがちです。
よくわかりませんが、子供の緊張と大人の緊張は違うのかもしれません。

私も、もちろん緊張します。
恐さを知れば知るほど、緊張は増すのではないでしょうか。
緊張するのが当たり前と思っているので、緊張したら普段の様子
しない時は、なにかおかしいときです(笑)
なので、緊張することを前提として臨みます。

緊張することによってある意味余裕がなくなります。
取り繕うこともできないのですから、最後は見せるものは自分の中身しかなくなります。
人となりが問われるような思いがあります。
完璧な演奏は遠いけれど、音楽に味のにじみ出る演奏(^^♪ができたらよいなぁ~♪と思うのです。

味もあって、尚且つ完璧な(はありえないので、より一層そのように)演奏は来世でもがんばりたい! ^^;
関連記事

19 Comments

ひさへ  

No title

あ・・・、何か心にしみた、というか。

レディ・ピアノ様が「緊張」の意味を代弁してくれたような。

そう、緊張する事によって、その人となりが出るような感じは
ずっと、私も感じていました。
いざ、という時にその人のなりが出るというか。
という事は、その人が育った環境とか教育とか・・・?
落ち着いたご両親の元で育った人は落ち着いて演奏しているような・・・。そこに行き着くんですよ。

この話題には色々とたくさん思う事が湧き出て来るので、またコメントさせて頂くかも・・・。

2014/06/08 (Sun) 21:34 | REPLY |   

ピアノ弾きの物理学者  

緊張の種類?

こんばんは、久しぶりに(?)コメント書きます。
裏では時々書いてますけど…

緊張には種類があると思います、って当たり前ですけど。

私の場合、ピアノを人前で弾くとなると不安な気持ちが前面に出る緊張感を味わいます。それは、ピアノを弾くことに関して全く自信がないからです。

でも、本職の、研究発表の場合には、英語で500人ぐらいの聴衆の前で話すときでも不安な気持ちで緊張することはないです。なぜなら、自分が発表する内容の研究テーマでは、自分が世界一だという自信があるからです。この場合の緊張は、緊張というよりもむしろ自分の研究成果の面白さを如何にきちんと聴衆に伝えることが出来るか、という不安とは全く種類の違った緊張感を味わいます。

まあ、私の場合は、常に自分のピアノの先生に褒めてもらいたい、少しでも先生の世界に近づきたいという想いで頑張ります。ある意味、子供みたい?
科学の世界でも子供のような純真な気持ちは大切ですけど、ピアノでも大切なのでしょうね。アルゲリッチの伝記に似たようなことが書いてあったような…

ワインを飲みながら書いているので、いい加減なないようになっているかもしれませんが、ご勘弁を…(^^;;

2014/06/08 (Sun) 22:01 | REPLY |   

レディピアノ  

ひさへさまへ

演奏に完璧があることは一生ないと思いますが、、、いえ、私の場合は自信がないともいう。。。時は、最後は「つたないけれど一生懸命弾きます」という想いしかないのですよね~。
小手先は絶対わかります!
ならばなにを見せる?となると、そこまでの自分しかないのですよね。
たとえミスタッチがあっても(いえ、ないほうが良いです^^;)、受け手も発信する側も相通じるものがあったときには、地味な日々が報われたなと思えるのかなと思います。
人とのかかわりって凄いな!

2014/06/08 (Sun) 23:03 | EDIT | REPLY |   

レディピアノ  

物理学者さまへ

あぁ!
そうですね、自分の演奏を聴いていただくという時はとても緊張をしますけど、素敵な曲がありますな~んてご紹介したい時は、また違った想いがあります!
意味深いコメント有難うございました。
こちらもあんなこんなの飲み物ですので、このコメ返ちゃんと書いていますかしら(笑)

2014/06/08 (Sun) 23:16 | EDIT | REPLY |   

てつ!  

こんばんは。

レディピアノ様
先ほどは、訪問有難う御座いました。

早速お邪魔致しました。
 
私は、つい最近まで本業は「陶芸」の職人でした。

音楽の演奏と、モノを造る仕事では 違いが有るのかも知れませんが…
私たちの仕事では 緊張感が無くてはいけません。

モノの形を造る時、緊迫感を持たなくては 形が出来ないモノなのです。
例えば、ろくろを回して お茶わんや、湯呑み、皿など造るとします。

形にする時、殆ど一息に息を止めて 一気に最後まで挽き上げます。
躰の芯がぶれない様にする為です。

大きな壺を造る時も、何回も掛けて作りますが
一度掴んで挽き上げる時には、その最後まで息は止めます。
緊張を維持する為に…です。

作品とは、緊張を、最後まで持ち続ける事に依って 完成されると云っていいでしょうネ。

これは、形あるものを造る…と云う事での緊張感です。
瞬時、瞬時の緊張感の積み重ねです。

音楽(演奏)とは 現実の形が残る事は無いモノなので・・・
精神的な緊張なのでしょうから 根本的な違いが有ると思いますが
ピアノを弾く!と云う事(行為)への、緊張感を楽しむ方が
良いのではないでしょうか…??

お話の「緊張」は、対、お客様…つまり、外へ向かっての緊張感なのでしょうね。

私たちのそれは…自分の内へ向かっての緊張感だと思います。

或る意味、「聴かせる」と云う事を忘れて 単純に弾く事だけに
意識を集中出来ると・・・内への緊張に為るのかも知れませんね。

これは音楽に ど素人の考えですので・・・気に為さらずに !!

初めてのコメントが、意見めいて仕舞い・・・大変失礼いたしました。

これに懲りず…宜しくお願い致しますネ!。。。


2014/06/09 (Mon) 00:33 | REPLY |   

★赤影★  

緊張しますよね(^^)

おはようございます。(^^)
人間が何か良いWorkをしたいと思ったときは、緊張するのが自然ですよね。

>緊張したら普段の様子。
そうですそうです。
とっても的確な表現ですよねぇ。(^^)
ピアノ演奏でも、スポーツでも、絵画でも、デスクワークだって緊張しない成果にろくな物は無いように思います。
交感神経が活発になった時のコントロールを普段のレッスンで学んでおられる訳です。
ですから、ドンドン緊張して良いピアノを聴かせて下さいませ。(^^)
あ、でも「来世」というお言葉を使うにはまだまだ若過ぎますよ~~。(^^)/

2014/06/09 (Mon) 10:17 | REPLY |   

HARU  

こんにちは。

なかなか重たいテーマなのですぐにコメントできず、皆さんのを拝読しておりました。ピアノさんも皆さんも確かな緊張感を持って、それをうまく取り込んで生きていらっしゃる。いいね、がんばれって、素直にそう思います。
ただ、僕は、長年の緊張感から解放された生活を望みました。手に汗するようなこととは、いまは無縁です。これは、一歩間違うと生活にハリがなくなることをも意味します。だから、心地よい緊張感を求めます。好きなことをいっしょうけんめいに真面目に遊ぶことです。
なんか、皆さんに釣られて真顔で書いてしまいました(笑)。
緊張で嫌な汗をかくのは、高速道路を走っているときくらいです。谷の深い山道はまったく問題ありませんが(笑)。

2014/06/09 (Mon) 12:03 | REPLY |   

Kero  

緊張…

緊張は必要だといいますね。

緊張をしないようにと意識すると、ますます緊張が強くなる。
逆に緊張しないときの方が演奏する上では、注意したほうが良いと聞きます。

適度な緊張…私にはまだ経験がないと思います。
緊張が余裕をなくし、自分をさらけ出すしかなくなる~人となりが問われる…。深い~。

何度か場数を踏まないと分からないんでしょうね。
まずは、緊張している自意識過剰な自分を受け入れるところから?

しかし、手が震えるのはどうしても避けたいものです!

2014/06/09 (Mon) 15:42 | REPLY |   

huku-ume  

No title

レディピアノさま、こんばんは。
お邪魔いたします^^

冒頭を読んでまず、
「ハイ!私は緊張するタイプです」と返事しちゃいました^^
『人前で演奏すればするほど緊張感は大きくなる』んですか???
私は今まで大人になって年に1回の発表会のペースで、てっきり
場数を踏んでないからこんなにも緊張するんだわ!と思っておりました。
良く見せようと思う気持ちはどこかにあるんでしょうね、確かに子供の
頃はさほど緊張しませんでしたから・・・
そして、自分の子供を見ていても、さら~っと、むしろ練習より上手いんじゃない?ということがあります。
自分の場合は練習の8割出せれば御の字だと思っています。
でも、本当は練習どおり(これだって全然ですから)、弾きたいな~と矛盾だらけの私です(苦笑)
とりとめないコメントになってしまい、ごめんなさい!

2014/06/09 (Mon) 21:27 | REPLY |   

レディピアノ  

てつさまへ

早速のコメントありがとうございました。
わぁ~、陶芸をなさっている方なのですね!
陶芸を作るときは体の芯がぶれないように息を止めるのですか?
なるほど!緊張を維持する為なのですね!

> 作品とは、緊張を、最後まで持ち続ける事に依って 完成されると云っていいでしょうネ。
> これは、形あるものを造る…と云う事での緊張感です。
> 瞬時、瞬時の緊張感の積み重ねです。

緊張は、作品を完成させるために必要不可欠ということなんですね。
とても意味深いですね。
そう、ピアノを弾くということは、形として残らないし、やり直しがきかないのでとても緊張しますし、たった一回で評価されてしまいます。
ときどき、いえ、いつも、なんで私こんなことやっているんだろう~と思うのですけど、なぜかやっています(笑)
突き詰めれば、外への緊張もですが、最後は内への緊張になるような気がします。

また、てつ!さま目線でお話聞かせてください(^^♪

2014/06/09 (Mon) 22:18 | EDIT | REPLY |   

レディピアノ  

★赤影★さまへ

あぁ、そうですね!
どんなことにもそれぞれの形での精神的な緊張ってありますものね。
演奏の際に体は緊張させてはいけないので(脱力して弾く)、程よい心の緊張と力の抜けた体のバランスをうまく取れることが私の理想です。
あっ、道のり遠いのでやっぱり来世かも(笑)
来世になったその時も、またコメントくださいね~(^^♪

2014/06/09 (Mon) 22:39 | EDIT | REPLY |   

レディピアノ  

HARUさまへ

ほんとうに、なんでわざわざこんな緊張をして弾いて、しかもいままで納得のいくことは一度もなく、家族からは弾くことを歓迎されるわけでもなく(しわ寄せがいくので)、何故に弾いているのかと毎朝自問自答です(笑)
HARUさまがどういうお仕事をされていたのかはわかりませんが、其のことがあって今があって、とても厚みを感じるのはたくさんの積み重ねをされていらっしゃったからなのでしょうね。
緊張を重ねて、私もHARUさまのような厚みができていくのなら、ピアノでの緊張も大切なことかもしれませんね^m^
ちなみに、高速道路は運転したことがありません。
山道など、このさきどこに行ってしまうのか、帰れなくなりそうでコワイです。
くらべたら、ピアノ弾く緊張の方がまだ良いかも、、、?

2014/06/09 (Mon) 22:54 | EDIT | REPLY |   

レディピアノ  

keroさまへ

> 適度な緊張…私にはまだ経験がないと思います。
> 緊張が余裕をなくし、自分をさらけ出すしかなくなる~人となりが問われる…。深い~。

適度な緊張は、私も経験したことがないです。
Max緊張はいっぱいありますけど(笑)
なので、対策をいろいろ考えています。
それも効果の程は知れたものなので、最後は、緊張してます、演奏もまだまだです、これが私ですっていう捨て身になってます^^;
私、それで良いのか?(笑)

2014/06/09 (Mon) 23:08 | EDIT | REPLY |   

レディピアノ  

huku-ume さまへ

> 『人前で演奏すればするほど緊張感は大きくなる』んですか???

他の方はわかりませんが、私はそうですね~。
いろいろなものが見えてくるので、比例するのでしょうか。
でも、聴き手が暖かいと自分の緊張を助けてくれることも有ります。

> 自分の場合は練習の8割出せれば御の字だと思っています。

練習どおりに弾けることはまずないと思っていますので、8割出せればパーフェクトですよ(^^♪
練習って、弾きにくいところをさらっているのですけど、最後は、コワイから練習しているようなところもあるように思います^^;

2014/06/09 (Mon) 23:22 | EDIT | REPLY |   

ねこぴあの  

No title

なるほどなあ・・と思いました。
緊張するのが当たり前か~~それ、いいですね^^
上手いと思われたいとか、変な想いがあるときのほうが緊張は増すような気がします。
等身大の自分で精一杯やるしかないですよね~。
もうすぐ本番なので、タイムリーな記事をありがとうございました^^

2014/06/10 (Tue) 00:04 | REPLY |   

レディピアノ  

ねこぴあのさまへ

まじかに迫ってくるといろいろなことを考えますよね~。
ここが、あそこがって。
仕舞いには、弾けていると思っていた場所が崩れていたり(私はよくあるのです~泣)
そういういろいろなことを思うと緊張してしまいます。
あとは、私の場合、当日はまな板の上のコイになってます(笑)

ねこぴあのさま、発表会もう少しなのですね。
当日は、ねこぴあの様にとって有意義な充実した日になりますように(*^_^*)
ご成功お祈りしていま~す。

2014/06/10 (Tue) 12:03 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/06/10 (Tue) 22:29 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/06/11 (Wed) 14:46 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/06/17 (Tue) 19:11 | REPLY |   

Post a comment