flower border

指のお腹の自分勝手な考察

Category練習
だいぶ前の事ですが、鍵盤に当たる指の事をお話していたピアノレッスンの番組を見ました。
どなたかも内容もすっかり忘れています。
今覚えていることでは、鍵盤をおさえるときは、指の腹で弾くということだったと記憶しています。
人差し指、中指、薬指は指のはらで押さえるのはもちろんのことですが、親指もそう押さえるのが理想(爪が上に向く).。
でも指の構造上、全く他の指と同じには押さえられないので、できるだけそれに近い状態で押さえるとおっしゃっていました。
小指についてなにかお話していたかどうか、もう記憶にはありませんが、親指でさえ可能なら指の腹で押さえたいとおっしゃっていたのですから、当然小指もそうおっしゃっていたことでしょう。

今まで試行錯誤してきたなかで、親指はさておいたとしても、小指も指の腹で(しかも真芯で)押さえるのが理想なのだと思うたびに、この番組のお話が思い浮かびます。
小指は弱い指なので寝てしまいやすく、ほかの指を弾く時立て直しのひと手間がかかります。
小指も爪が上向きで、人差し指、中指、薬指と並んだ向きなら使いやすくなりますよね。
親指は、普通にオクターブを取れる方なら親指小指は指の腹ですが、手が小さいために鍵盤の手前でひっかけて取る私でも、やはり指の腹に近い状態で取りたいものです。
指の腹といっても、真上からの状態ではなく鍵盤の角をとる程度(とくに左)なんですけど、それだとまさに指の腹で角をとっているのは皮肉なものですね (笑)
でも、手首、関節もつながって腕一本指一本で腹にかかっていれば、ひっかけても安定するように思います。
もちろん指の長さは変わらないので、相変わらずオクターブはギリギリですが、その同じ状態のなかでも指の真芯で重みを支えてとることを意識していると、他の音を触っていても、押さえたい音が鳴ってくれる(弾きたい音が聴こえてくれるようです(*^^*)

手の形も、テクニックも、音楽の作り方も一体となって、方向性が見えるときは嬉しいけど、手探り状態のときのほうがはるかに多いですんですけどね~♪

関連記事

5 Comments

Ashton  

No title

 親指は他の指と構造が違うので、他の指とまた違った配慮が必要なのでしょうね。 ただ、親指の腹で弾くとなるとなかなか大変ですね^^; 親指は構造上外側が下を向くので、親指を回転させて腹を下に向けるということなのでしょうか。

 最近は奏法についてちゃんと考える時間をとっていないのですが、親指の動きは、手をつかむ動きと反対に手を広げる動き(グーパーとする動きですね)の意識が大切ではないかと以前考えていました。 例えば、ショパンのzop.25-2の練習曲の冒頭の1~2小節では、安定を保とうとするとどうしても親指の安定が必要になりますが、ここでは鍵盤を押すというより手を広げる動きでやると楽に感じ、かつ、安定が得られるように感じました。

 他の指では真下に「下ろす」という動作が可能ですが、親指の場合はどうしても、広げるやら掴むやら、そういった必ずしも鍵盤と垂直の関係にない動きを鍵盤を押す動きに変換する必要があるのかな、と考えています。

2014/07/16 (Wed) 20:01 | REPLY |   

レディピアノ  

Ashtonさまへ

テレビレッスンでは、親指も他の指と同じに、爪が上向きで弾きたいところだけれど無理なのでとおっしゃっていました。

過去記事で、まむし指について書いていますが、、、エッヘン^^
骨格が変わりましたよ~

>  他の指では真下に「下ろす」という動作が可能ですが、親指の場合はどうしても、広げるやら掴むやら、そういった必ずしも鍵盤と垂直の関係にない動きを鍵盤を押す動きに変換する必要があるのかな、と考えています。

曲の場所にもよりますが、私も、親指は鍵盤と垂直の関係にない動きをしているかな。
親指の腹の3分の1くらいの部分で、鍵盤の向こうに行くような感じだったり、立ち上げたり、親指単独ではなく腕からつながって斜めに押したり(押しているわけではないのですが)。
弾きかたは、手の大きさや骨格にも関わってくるかもしれませんね。

私の場合なので、信憑性皆無ですけど ^m^

動きって言葉にすると難しいですね~
うまく説明できていないかもしれません。。。?

2014/07/16 (Wed) 20:53 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/07/17 (Thu) 00:18 | REPLY |   

kusu  

昔は指先で弾く、でしたね~。

レディピアノさま、こんばんわ

私がピアノのレッスンを再開した「若かりし頃(私にもそういう時代があったんですよ~笑)」、
先生からは「手の形は卵をつかむような形で」と教わりました。
ピアノは指先で弾くもの、と教えていただいた記憶があります。
私の指は、まっすぐ延ばすと、2・3・4の指が反りかえります。
(手の形としては決して良いものとは思えないのですが…)
さらに、私は指の腹で弾く悪い癖がありまして、
弾く時に、第一関節がへこんでしまっていたわけです。
指がふにゃふにゃで、手の支えがダメダメの状態でした。
本当に、これは直すようにと良く注意されました。
今思えば、基礎が出来ていないうちから、指の腹で弾いていたら、
弾くための力が付かない、ということだったわけですね。

それからン十年。
意識して練習してきたので、第一関節がへこむことはなくなったようですが(ホント?)
柔らかい音を出そうとするときに、指先で弾くと、
どうしてもキツイ音になってしまうことから、
指の腹で弾くことも自然に覚えていきました。
自由自在に使いこなせるわけではありませんが…

オクターブは右手が問題です。
弾き方の研究をしたほうが良いかなぁと思っております。
鍵盤の手前をひっかけ気味に弾かないと、
お隣の音まで押してしまうんですね~。
なので、そうならないように弾こうとすると、
今度は音がポコポコ切れてしまい、全然きれいに弾けません。
さらに速度が速くなると、それは悲惨なことに…。

レディピアノさまの記事、参考にさせていただきますね。

2014/07/20 (Sun) 22:55 | REPLY |   

レディピアノ  

kusu さまへ

参考になりますか~?
正解かどうかわかりませんよ^m^
第一関節が凹んでいても、優先順位は第三関節なのだと思うので、最初は第一関節が凹むのはありかなと思うのですが、次第に第一、第二、第三それぞれがしっかりしてくると、あんなにできなかったところがあっさりできるようになった経験はあります。
その逆に、独立していたと思っていた指が、よく見ると第一関節が凹んでいることを発見した時はがっかり!
この指をつかったらこうなる、と言うような癖もあるのですよね~。

私がこれまで試行錯誤してきたことで、あっているのかどうかわかりませんが、指の腹で腕全体が各関節がしっかりした状態で支えられれば、オクターブは、たとえ隣の音を触ったとしても、鳴らせたい音を響かせてくれるのだと思いました。
私が長爪のために、鍵盤にさわる面積がそうとう斜めになるからの考察かもしれません。
kusu さまのての形にあった理想的なタッチはどんな感じでしょうね~(*^。^*)

2014/07/20 (Sun) 23:27 | EDIT | REPLY |   

Post a comment