冬に凍ってしまった金魚もめだかも元気です 

過去記事

な、なんと!冷凍から生還しためだかにあかちゃんが!


「ほら、みてごらん」

resize0895.jpg

「へ?  どこ?」
「ほら~」
「むむむ。。。。」
あ、いました、いました。
透き通っていて見つけづらかったのですが、おめめを見つけてわかりました。

resize0894.jpg

そのときは一匹しか見つけられていませんでしたが、写真をアップする段階で2匹写していたことがわかりました。
※ そのあと、ブログの画面確認をした際、左下赤○の中に2匹のおめめを見つけたので、合計3匹写っていることになります。resize0896.jpg

そのとき、残念なことも見つけてしまいました。
おとなのめだかが2匹、、、(泣)


ところで、あの震災の時に思ったことがあります。
いつか思いどおりに弾けたら聴いてもらおう。
うまくなったらこんなことしよう。
あんなこともしたいな~





それっていつ?

命あるいまにやらなきゃ!
関連記事
2014.06.29 Sun (22:50) l 日常の事 l コメント (8) トラックバック (0) l top

コメント

こんばんは。
何時も、御来訪有難う御座います。

メダカの赤ちゃんですか?!  可愛いですよね。

我が家の蓮の鉢にも 先月末に沢山のメダカの赤ちゃんが
誕生しているのを確認したのですが・・・

忙しさに感けて 1日おいてしまったのが失敗でした。

翌日ほかの容器に移そうと思ったら・・・
数十匹いたはずの子メダカが ナント、2匹しかいなくなっていたのです。

レディピアノさんの処も、お写真から拝察すると…外ですよね?!
出来ればなるべく早くほかの容器に移す事をお勧めします。

子メダカにとっては 親も天敵ですし、外の場合は
最も恐ろしい天敵は トンボの子供「ヤゴ」です。

我が家の子メダカも、このヤゴに1日でほぼ、
食べ尽くされて仕舞いました。

かろうじて残った2匹だけが…元気に育っています。 
2014.06.30 Mon (03:24) l てつ. URL l 編集
そうですね(^^)
おはようございます。
ほほう、メダカの赤ちゃんですか。
冷凍してしまったんですか??
ふむぅ、人間の冷凍保存も夢じゃないのかも知れませんねぇ。(笑)
自然の大きな力を感じますね。
ところで、ここはご自宅の池でしょうか。
やはり大邸宅にお住まいなのですね。(^^)
2014.06.30 Mon (10:16) l ★赤影★. URL l 編集
祝 誕生
メダカ誕生おめでとうございます。こういうのを見るとまた飼いたくなってしまうのですよ~(困)。過去に、メダカもですが、グッピーに凝っちゃってね。交配させて美しいグッピーを育てることに夢中になりました。いろいろあって止めたのです(泣)。どうしても情が移るのでたくさん育てたくなりますが、増えすぎるとこれがまた困ってしまいます。(生態系問題で川に放せない)小さな器の中の自然に任せておくのがいいと思いますよ。強い奴は生き残る(笑)。
2014.06.30 Mon (10:53) l HARU. URL l 編集
てつさまへ
そうなんですね!
親が天敵は知っていましたが、別の鉢に移すことは頭にありませんでした。
ご忠告ありがとうございます。
元気に大きく育ってほしいですね、楽しみです。
2014.06.30 Mon (16:16) l レディピアノ. URL l 編集
★赤影★さまへ
そうなんです。
冬に、金魚もめだかも寒さで冷凍になってしまうも、なんと生還したんです。

ご期待を裏切るようで申し訳ありませんが、金魚もメダカもそれぞれ30センチほどの鉢で泳いでいま~す(^^ゞ
大邸宅の大きな池なら、錦鯉飼ってますってば!
まあ、ここはイタリアの漁港、近くの神社は世界文化遺産大聖堂、自宅は名城?そう思えば楽しいかもしれませんけど(笑)

2014.06.30 Mon (16:24) l レディピアノ. URL l 編集
HARUさまへ
もしやHARUさまは、夢中になってのめり込むタイプですか?
熱帯魚にも夢中になった時期があったのですね~
金魚は強いですね。
寒さにも夏の暑さにもめげないですけど、メダカは体が小さいので、冷凍状態から生還したのには驚きました。
ほんと、たくましいですね。

2014.06.30 Mon (16:29) l レディピアノ. URL l 編集
メダカの学校
うちにもいますよ、メダカ。冬は厚さ1センチ近い氷が張りますが、自然のなすがまま。春になると元気に泳いでます。もしかして「解凍」されたのかな(笑)?赤ちゃんも適度に育ってますよ。

外に置いていてもうひとつ注意点は、大雨のときに水があふれて赤ちゃんメダカが流れてしまうこと。ときどき水位をチェックして、鉢に5センチぐらい余裕ができるように多すぎる水をコップでくみ出してます。

話は全然違いますが…
いま私が通勤している三鷹駅(JR)では、発車のチャイムが「めだかのがっこう」なんですよ。下りが前半、上りが後半です。
なんでだろう?…「みたかのがっこう」のダジャレのつもりか…?

お分かりでしょうか?
合唱曲をたくさん作曲された中田喜直さんが長年三鷹にお住まいだったことに由来するそうです。
2014.07.02 Wed (10:25) l 高木 章. URL l 編集
高木 章 さまへ
そちらは1センチくらいなんですね。
こちらは鉢底まで凍ります。
なので、まさに「解凍」でした。
場所にもよるのでしょうが、家の場合、冬は玄関先などの室内に入れて上げないと冬は越せません。

> 外に置いていてもうひとつ注意点は、大雨のときに水があふれて赤ちゃんメダカが流れてしまうこと。

はい、はい、ありました。
金魚の方、雨でたっぷりの水量になったわけではなかったのですけど、元気良すぎて飛び出て地面でアップアップしているところを運よく見つけ、鉢に戻してあげたことがありましたよ~。
メダカの赤ちゃんは元気です。

三鷹の「めだか」、なんだかゴロが良いですね ^^

2014.07.02 Wed (21:00) l レディピアノ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://ladynote1095.blog.fc2.com/tb.php/132-b67f0459
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)