ぴきっ

ここ4,5日、諸事情で全く練習できず orz
仕方がないので、とうとう昨日は夜も更けたころにちょっと練習しました。
オクターブを弾き終えた瞬間、、、、、ぴきっ  
えっ、筋違い?血管きれたかも?
しかも、鍵盤を離した途端の親指付け根内側の出来事です。
触るとぴりっとしますので、とにかく練習はやめました。
しばらくして見てみると、面積は大きくない程度に紫色になっていましたので、血管が切れたのですね、きっと。
オクターブで手を広げている最中ではなくて、弾き終わったときでしたのでちょっと不思議でした。
血管も、伸び縮み負担だったのでしょうか?
はたまた久しぶりに使われて、体力消耗しちゃったのでしょうかね~
運動不足で急に走ってと言われても息切れしますから、同じように血管もお疲れだったのでしょう。
一晩過ぎて、いまは大丈夫です。

それと、とうとう家族から音公害の苦情を言われてしまいました。
いつもなら言われないのになぜでしょう。
確かに部屋からは音漏れはしているのですが、それだけでなく、その時練習していたことは、オクターブひとつだけを何度も弾く意味のない(音楽のない)打鍵の連続が耳障りだったとのことでした。
たとえ曲の練習をしていたとしても、ばらして部分練習をするのですから、同じように音の羅列なのですけ
一体何が違ったのか ^^;
聞きたくなくても聞こえてくる人には。。。やはり違うのでしょうね。
ピアノの部屋は、楽壁に防音効果の材質を使い、防音ドア、窓は二重窓です。
震災で今現在、ドアの位置が落ちていますが、それ以前から家内での音漏れはありました。
この部屋は天井が高く、二階の廊下からみるとピアノ室が見えるような位置に窓がありますが、この窓からの2階への音漏れもあります。

resize0898.jpg


普通防音室のドアというと、開け閉めのとき、空気を圧縮するかのように重い感じがしますが、それがありません。
隣の家は、道路挟んでいたり、隣の家の庭だったりで良いのですが、家の中にはかなり音が聞こえてしまいます。
ここ数日は、実に忙しい毎日で、コメントに伺っても投稿内容が半分で送信したりする始末です(^_^;)
夜間練習も難しいようですし、気力回復につとめたほうがよいのでしょうが、まだ譜読みを始めたばかりのものもあるので気ばかりあせっています~
関連記事

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

*コメント

ご自愛の程を!

レディピアノさん、こんばんは。

色々と お忙しい様で・・・練習時間も儘為らないとは・・・大変ですね!!

「ピキっ!」・・・ですか?!・・・なんだか 聞くだけで…痛そう。。。
練習も大切でしょうが・・・どうぞ、無理は為さいません様に!!


ご家族の皆さんも・・・我慢、我慢なんですね?!

此ればっかりは・・・仕方の無い事でしょうね。。。
家庭不和にだけは為りません様に・・・呉々も、お気を付けて!
お体の方も!。。。ネ!!

音の問題は悩ましいですね

こんばんわ
お忙しい毎日を送っておられるようですね。
なのに、いつもコメント下さり、ありがとうございます。

「ぴきっ」ですか?
とっても痛そうですが、大丈夫ですか?
筋を痛めていたりとかはしていないのでしょうか?
痛みが消えるまでは、あまり無理をしないようにしてくださいね。
レディピアノさまにとって、大切な手指ですから…。
どうかお大事にして下さい。

私は人間ドックで調べたら、血管年齢が80歳代のようなので、
いろいろな意味で気を付けなきゃいけないんですが…(汗)
華麗な年齢になってきたので、血圧も以前と比べて高くなってきましたし…。
血管には悪いことばかりです。
なので、あまり長生きはできそうにない…かな?
(実はそういうことばかり言う人ほど長生きする?笑)

ご家族から苦情…。以前も言っていらっしゃいましたね。
ピアノも、普通に通して曲を聴くなら苦情も出ないのでしょうが、
練習となると、同じところを何度も執拗に繰り返したりとか、
いつも同じところで間違えて、曲を止めたりとか(私です…笑)
練習なので仕方がないのですが、
そういう「ぶつ切りの曲」を聴かされるのが嫌、という方も多そうですね。

震災の影響でしょうか?
ドアを閉めても、空気が圧縮される感じがないということは、
防音室のドアが、ちゃんと閉まっていない、というか
部屋が密閉されていないような気がします。
我が家も室内に対しては、
防音がやや甘い感じがするので音が漏れますね。
音はかなり減衰しますが、
それでも何の曲を弾いているか、は分かります。
夜は周りが静かですから、
ご家族のかたも、余計音が気になるのかもしれませんね。

お昼間は、ピアノを練習する時間が取れるのでしょうか?
お昼間中心の練習にして、夜は控えめにするとか…。
ご家族の理解が得られるのが、本当はいちばんなのでしょうが…。

練習する時間が取れないとなると、気ばかり焦りますね。
音の問題は、本当に悩ましい~。

No title

「ぴきっ」指から出たらコワイ音ですね~。
手指は複雑な動きをしますからね。
もっと普段から大事にケアをしないといけないんでしょうねぇ。
特にピアノ弾きさんの場合は。
良く動かすからこそ、ちょっとした事でも休めたりした方がいいのかも(経験者は語る…)。
私のピアノの先生は60歳になるのですが、最近になって両手の指が痛いんだそうです。
病院に行っても原因不明だったそうです。
特に冷やすと痛くなるので夏でもお湯で台所仕事をされているそうです。
「昔はびっしり弾いていたけど、今は教えてるだけで、指はそんなにつかっていないのにね~」と言っていたので、華麗な年齢になると出て来るのかもしれないですねぇ。先生は4年制音大のピアノ科の後大学院で修士課程を勉強されたそうで。
kusuさんも言っているけど、どうしても血管とか内臓の方ばかり健康を意識してしまうもんですね。手指ももっと気にかけてあげなきゃいけないですねー。
なのでレディ・ピアノ様もお大事に。

裏コメでの質問ですが、ピアノを再開したのは、ちょうど10年前です。
7年くらい前にヤマハで習い始めて、その時の先生が「上の音と舌の音を出して!」「小指に力を入れて!」が口癖でした。
和音で上の音・小指に力を入れて音を出す事が出来なかったんですが、意識して練習をしていたら半年くらいで出来るようになりました。
その1年後くらいから小指が内側に曲がって来て「ピアノを努力した勲章だ」とか思っていたら亜脱臼も始まって・・・。
指の先にだけ力を入れていたのが元凶だったですね。
今の先生は「指先ではなく手のひらの方から力を入れて」です。あ、もうちょっと表現とか違ったかも。

gooブログのコメントの記号ってヘンになる時があります。いやねぇ。


長文、失礼しました。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

読ませていただいていて、ドキドキしちゃいました・・・
レディピアノさまでも、そのようなことがあるのですね・・・
私は明日から4日間ピアノが全く弾けませんので、再開時には
くれぐれも気をつけたいと思います。

家人への配慮って難しいですね。
私も週末はとてもいやです。
平日はろくに弾けないのでさ~っと意気込むものの、
バンバン音を鳴らすと、言葉に出さないものの、なんか嫌な
雰囲気に・・・

お忙しい日々、どうぞご無理なさらないでくださいね。
レディピアノさまのブログをリンクさせていただきたいのですが、
よろしいでしょうか?

ばんばんやっちゃえ~

家族からの苦情なんて無視、無視。恵まれた部屋で音出しですから。うちなんぞは、さしずめ騒音住居。楽器音に工作機械音。30年の実績なので、すでに、ご近所さんは、それが普通と話題にも上りません。あきらめを通り越して日常の風景です。音が聞こえないと何かあったのかと心配してくれますよ(笑)。家族に言われるのは練習している証拠、勲章ですね。それより血管が爆発するほどのレッスンとは・・・そっちの方が恐怖です。お大事に。
闘え、レディーピアノさん!!

No title

 血管って切れることあるんですね・・・それも、「ぴきっ」なんて音付きとは恐怖です・・・ 今は手の方は良くなられたのでしょうか。 どうか無理なさらず、お大事にしてください。

 幸い私自身は今まで手のトラブルはないのですが、やはりちょっとでも異変を感じたらすぐに練習は止めた方が良いのでしょうね。 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

てつさまへ

ご心配いただき、ありがとうございます。
でも、ぜんぜん大したことはありません。
すぐ治りました(^^♪

それから、お知らせもありがとうございました。
お手間をとらせてしまいましたが、無事解決ですね (*^_^*)


kusuさまへ

今週はkusuさまのような忙しさでしたよ~
やっと週末むかえました(笑)
手はもう大丈夫です。
ご心配いただきありがとうございます。
kusuさまには長生きしていただきます!
ピアノ曲もまだまだたくさんありますし、これからもずっとブログ交流して頂こうと思っていますので(^^♪
(私も長生きせねば。。)
家族は聞いていないので聴こえていないはずなのですが、あまりに同じ音を執拗に弾いたためでしょう。
いずれ防音は最初から甘いのですけど、ドアの取り付けを直していただければある程度改善すると思います。
あとは、2階から見える窓を2枚にすることも検討しないといけないかもしれません。
ここだけ1枚なので。
それからふと思ったのですが、各部屋にある換気扇って音も運んでいるのでしょうか(・・?

ひさへさまへ

切れ切れの連投コメントに対しては、寛大なお言葉ありがとうございました。
私は全然大したことはないのですけど、おっしゃるとおり血管も内臓も手も、気を付けてあげなければなりませんね~
ひさへさまの先生は、よく勉強された方なのですね。
個人レッスンであるピアノは、先生によっていろいろな教えがありますし、その先生も、その上の先生から伝授されていますからある意味不思議な世界だな~と思います。

いろいろと書いていただき、有難うございました(^^♪

huku-ume さまへ

えっ、どきどきしちゃったのですか?
紛らわしい記事を失礼いたしました(^^♪
やはり、どんなに時間がないときのちょっとの練習でも、急に、しかもオクターブなんてするなら尚更気を付けなければならないと思いました。
リンク有難うございます。
あんまりためにならない記事ばかりですけど、よろしければ(*^。^*)

HARUさまへ

手はもう大丈夫です。
有難うございます。
わたしより、HARUさまの工作機械音のほうがはるかに大きな音のような気がします(笑)
しかもメロディないですものね ^m^
あっ、あります?
HARUさまのことだから、楽器音付きの工作機械を使っているかもしれませんね(*^。^*)

わたくし、レディですので闘えません (大笑) オホホッ

Ashton さまへ

ご心配有難うございます。
いまは全然平気です。
血管と言っても毛細血管?でしょうか。
いつも行っている準備運動は忘れずにしないといけませんね。
私も手の故障経験はありませんが、いつなんどきなにが起こるかわかりませんので、やっぱり要注意だなと思いました。
手もラジオ体操ですね~

その後大丈夫?

何日か前にこの記事は拝見してたんですが、コメントを入れようと思いつつ…失礼しました。

その後大丈夫ですか?
内部の異常は気を付けようがないですが、無理な練習が災いしたのでは…?
お気を付け下さいね!

高木 章 さまへ

ご心配いただきましてありがとうございます。
もうすっかり大丈夫ですよ~
恩師に教わった奏法のお陰で、いまだ故障もなくここまで来ました。
「この奏法は60歳になっても指が動く」と常々おっしゃっていましたので、後々それを身を以て経験したいと思っています。

換気扇の音漏れありますよ

レディピアノさま、遅い時間に失礼します。

換気扇からの音漏れはありそうですね。
室内の空気を強制的に入れ替えてしまうのですから、
その空気と一緒に音も外へ運んでいるはず、と思います。

ちなみに我が家の場合、防音室とリビングの間に換気扇があります。
ここからどうしても音が漏れてしまうので、
若干防音が甘くなってますと、ヤマハのかたも言っておられました。

さて、私は長生き出来るかな~?
せっかくグランドを購入したので、
数年後にやってくると思われる?定年退職後は、
ピアノ三昧したいので、当然長生きしたいのですが、
ガン家系+高血圧家系なもので、そこは気を付けないと…です(笑)

お邪魔いたしました。

kusuさまへ

そうですよね~
換気扇からは漏れますよね!

> さて、私は長生き出来るかな~?

kusuさま、ともに長生きしましょうよ!
ピアノ人生、後半が勝負です(笑)
非公開コメント

        
*プロフィール

レディピアノ

Author:レディピアノ
こんにちは
海の町のピアノ弾きです。
ピアノや脱力のメトード、音楽に関する事や日常のお話を綴りま~す♪

        
*最新記事
        
*最新コメント
        
*最新トラックバック
        
*月別アーカイブ
        
*カテゴリ
        
*♪  ♪  ♪
        
*♫ ♫ ♫
現在の閲覧者数:
        
*検索フォーム
        
*RSSリンクの表示
        
*リンク
        
*QRコード
QR