flower border

工具登場

Categoryピアノ
前回の記事で、かたんかたんとなるファの♯(私の中ではソの♭ではありません(^^♪)
(過去記事:ねじ穴の緩み
この時に、細い糸を使って直していただきました。
resize1032.jpg

でも、部品交換も可能ですよとのお言葉に、せっかくだからお願いしていました。
部品が届き、なかなか予定が合わずのびのびになっていましたが、取り換えていただくことができました。

resize1033.jpg

このまとまりの不具合が生じた場所は赤丸の部分だけですので、その部分の取り出しのために、留め具になっているピンを抜きだしているようです。
resize1035.jpg

はい、はずれました。
resize1036.jpg

新しい部品を、もとのところに収めるためのぴんは、これも新しいものを使用する為サイズを計っているようです。
resize1037.jpg

resize1038.jpg

ぴんを差し込んで合体終了~

この様子は、私の理解のなかでの解説です。
これであっているのかな(・・?

ここのところ楽譜が散乱していて、ピアノの閉じてある屋根の折り返しの部分にたくさん重ねておいてあります。
いえ、私の中ではカテゴリ別に積んであるのですけど。
調律のときは大屋根を全開しますが、、順番や位置を変えるとわからなくなるため、作業前にそのまままとまりごとの束を横に長椅子に並べておきました。
テーブルには、作業のために取り外した鍵盤本体がおかれたため、調律師さんは場所がなく、床にお座りになって作業していました(気づかなくてごめんなさい、こんな作業があるとは知らず ^_^; )
そこをじっと見てしまいました(笑)

ついでに、著しく音程の崩れた音のみをひろって音の修正もしていただきました。
このとき、著しく狂ってしまった音のみを正しく正確に修正してしまうと、微妙に狂っている音とのバランスが総崩れしてしまいますので、完全に正確にはしないで、バランスを見ながら適度な音程で修正していただきました。
この日は調律ではなく、部品交換のために作業していただいたわけですから、ここまでしていただいてありがたいです。




下の画像は個人的お手紙です。
エキエル版。
resize1039.jpg
関連記事

6 Comments

kusu  

エキエル版は右手のみで弾くようですね

レディピアノさま、遅い時間に失礼いたします。
せっかくご連絡をくださったのに、
遅くなってしまいまして、申し訳ございません。

エキエル版ですね~。
こちらの楽譜だと、この場所は全て右手で弾くような指使いですね。
パデレフスキ版だと127小節目―128小節は、
(右手)3-1ー(左手)1-2-5-(右手)5-3-1(左手)1-2-5-(右手)1
こんな、感じです。
今は超ゆっくりで弾いてますので、問題ありませんが、
速度が増したら、両手がこんがらがるかも?(^^;)
まぁ、こんがらがるほど速く弾けないと思いますけど…(爆)
ヘンレ版ミニチュア楽譜には、ほとんど指使いの表記がありません。
それから、もう1つ、楽譜を持っておりますが
(これは楽譜と言うより資料に近いかも?)
こちらは「5-3-1」の繰り返しで降りてくるので、
エキエル版と同じ指使いかも?ですね。
参考になりました~!素敵なラ○レターです^m^
いつもアドバイス、ありがとうございます。

部品交換…なんだか、とても細かい仕事ですね。
我が家もちょっと先の将来、
こういうメンテナンスも必要になってくると思われますが、
部屋が狭すぎて、作業する場所がないのではないかと不安…。

時々、鍵盤部分を取り出してみたい!という誘惑にかられます。
完全に「ピアノのムシ」の影響ですが…。
そういえば、調律師さまから、4巻お借りできたのでしょうか?
あと、調律師さま、鍵盤柄のエプロンされてますか?
素敵ですね~!白黒の鍵盤って実に芸術的だと思います。

一番上の画像にも写っていますが、
鍵盤一つ一つに数字を振ってあるのを初めて見た時は、
思わず「おぉぉ~!」と声が出てしまいました。
順番を間違えないようにと、
数字が振られていることは知っていたのですが、
グランドだと、鍵盤ふたの開閉時に、
この数字を簡単に見ることが出来るというところに
妙に感動してしまった変な私です。(;´∀`)

長々とコメント失礼いたしました。

2014/10/07 (Tue) 02:20 | REPLY |   

そら  

No title

コンサートの合間でも調律師の方がステージで
お仕事されたりしてますが
こんな手元までみたのは初めてです。
レディピアノさまのピアノが
なんだか目に浮かぶような気がいたします。

読んでいてチョット歯の噛みあわせを
思い出しました。
2年程まえより噛みあわせがうまくいかなくて
やっと落ち着いてきたものですから..
オカシナ例えでごめんなさいねv-421

2014/10/07 (Tue) 11:35 | REPLY |   

レディピアノ  

kusuさまへ

早速ご訪問いただき有難うございます。
思えば、ご訪問コメントの際に、文字説明だけで事足りたかも知れません(^_^;)
失礼いたしました。
この曲に関しては、ヘンレ、パデレフスキー、エキエルと持っておりました。
といっても勉強のためではなく、持っていたのにかかわらずそれを忘れていて2冊目を買い、またまた忘れて3冊目(最後がエキエル)を買ったという次第でした(笑)

> パデレフスキ版だと127小節目―128小節は、
> (右手)3-1ー(左手)1-2-5-(右手)5-3-1(左手)1-2-5-(右手)1
> こんな、感じです。
> 今は超ゆっくりで弾いてますので、問題ありませんが、
> 速度が増したら、両手がこんがらがるかも?(^^;)

kusuさまならこんがらがる事はないと思いますが、この文章からするとパデレフスキー版の指使いで行かれるようですね。

ラブレターというにはハートマークの一つもありませんが(^_^;)、私の方が勉強になりました(*^_^*)
また、この曲のハテナを楽しみにしていま~す。

調律師さんの作業は、とっても興味深いので、いつも邪魔になりながらちらちら見ております。
このときは、見ているばかりでなく、連続?撮影までしてしまいました。
撮り損ねた場面(スマホシャッターを押すも、作業の動きで時間差が生じてしまう)などで、思わず「えぇ~」といったら、「写真撮りますか?」と作業の手を止めてくださったりしたので、そうとう邪魔な存在になっていたことと思います(爆)


調律の仕事は結構汚れるので、エプロンをつけている方は多いですよね。
鍵盤ガラです(^^♪

鍵盤の数字が書いていない物には、調律師さんが鉛筆で書いていた後を見たことがあります。
kusuさまは、ああまり作業の邪魔はしないようにしているとおっしゃっていましたね。
それがホントですよね~。
私はそうとう邪魔してると思います。

2014/10/07 (Tue) 13:53 | EDIT | REPLY |   

レディピアノ  

そらさまへ

調律師さんがいらしたときは、最初にどこが気になるかとか、こんな風にしたいとかの希望をのべて、調律している間は違う部屋にいて、最後は確認のためにまた立ち会いますが、途中は邪魔しないのが普通かも知れません。
今回は部品交換なので、ポイントは見学させていただきました。
結構お邪魔だったかも知れませんね(笑)

右と左、上下等なんでもマッチングは大事ですよね~

2014/10/07 (Tue) 14:19 | EDIT | REPLY |   

HARU  

道具

つい、道具に目が行きます。どこがどうなっているのか、さっぱり分かりません(笑)が、ピンを差し込む道具、初めて見たよ~。ホームセンターには売ってないよ~。餅は餅屋、馬は馬方、刀は刀屋・・・さすが、ピアノはピアノ屋ですねえ。くっついてよく撮らせてもらえましたね。ピアノ屋さんもまんざらではなさそうな・・・あっ顔、見えないけど(笑)

2014/10/07 (Tue) 14:48 | REPLY |   

レディピアノ  

HARUさまへ

なるほど~、道具ですか!
そちらはあまり気に留めていませんでした(^_^;)
そうなんです、くっついて見てました。
以前は年上の調律師さん(最初の調律師さんが年上で、長く見てもらっていたのでいつまでも年上)で、言いたいことも言えずというか、若いころからのお付き合いのために音に関しては調律師さんの言うことが絶体と思い込んでしまってました。
ここ何年か、違う方にお願いしたのがたまたま気さくなかたで、いろいろお話も聞いてくださるし、調律師はあくまでレーサーを助ける整備士というお考えだったため、最近は言いたいことを言うだけでなく、画像も撮らせていただいてます(笑)
勉強もしていますし、良い方ですよ。

2014/10/07 (Tue) 15:36 | EDIT | REPLY |   

Post a comment