flower border

後日談 その2の続き

Categoryコンサート
前記事の「もう一回ね」っていう大物アーチストのお話は、とっても勇気がでる(?)お話でした。
私が今まで見聞きしたコンサートでのお話も添えて書きます。

超有名女性ピアニストのコンサート
演奏が始まって、曲が違う?
ひとつのプログラムに、どこどこは〇月〇日、どこどこは〇月〇日と書いてありましたので、Aプログラム、Bプログラムとあるのだなと思い、そのまま聞いていました。
というのは、以前ロシアだったか、バレエ団の舞台を見た時に、やはりプログラムにたくさんの場所の日程がかいてあり、演目もたくさん載っていて、その中のこれはここでの演目、これはここでと言う風に、一つのプログラムを日本の公演すべてで使うためにそういう書き方をしていました。
ちなみに、東京はあまり見ない演目でしたのにこちら地方はいつも白鳥の湖で、バレエの先生に聞いたら、地方は有名な(わかりやすい)演目を選ぶ傾向があるという事でした(^^ゞ
それで話は戻って、超有名女性ピアニストのコンサートのプログラムもそのような方式なのだと思って聴いていましたら、2部の始めにご本人がマイクなしでなにやらお話を。。。
一部の最初のバッハの曲を飛ばしてしまい、休憩になって思い出したそうな。
それで、「プログラムの最後に弾きます」という事でした。
それでも会場は、笑いの後一段と柔らかい雰囲気になり、ピアニストが身近に思えて音楽を堪能しました。
2部ラストはもちろん華やかで技巧的な曲でしたが、その後に弾かれたバッハは、アンコール曲のように何事もなかったかのように溶け込んでしまいました。

地元音楽教育大学で教鞭をとっていらっしゃる男性ピアニスト
曲が止ってしまい、何度か弾きなおした後、一度袖に戻って楽譜を持ち、もう一度弾いたそう。
このことはたまたま聞いただけで、そのコンサートに行った方に会う機会がなかったら知りえなかった。
なぜなら、教えてくれた方以外から耳に聞こえてきたことはなかったから(うわさでもこのような類の話は、いままで聞こえてきたことはないです)。
そしてその教授の音楽知識も豊富な名声はそのまま、門を叩くお弟子さんもたくさんいらっしゃいます。
このことをお話された方が教えてくれたきっかけは、その方とご一緒のコンサート前でした。
2人で、「あぁ、あそこがここが↷」と言っていたころです。
元気つけてくれたのですね ^^;

もちろん、オンプがすっ飛んでしまったり、止ったりしていいんですという事が云いたいわけではないのは、皆さまおくみとりくださっていることと思います。
皆さま!元気だしましょう~~(実は自分に言っているノデアリマス)w

resize1126.jpg

関連記事

8 Comments

そら  

No title

素敵なお話ですね
本当ならバッハを飛ばしたら
焦りそうなものですが最後に弾きますと
仰って それがより笑を呼び皆さんの心を溶かして
アットホームな気持ちにさせた

ウ~~~~ン
スゴイ!!!
いっぽうで教授はトラウマにならなかったでしょうか?
馬から落ちたらまたすぐ乗れとか(乗馬できませんけど)
聞きますが
ピアニストが最初に座って弾きはじめるときの
ピンと張りつめた空気を思い出すと

やはりレディピアノさま
先の方のフォローの仕方
ゆったりとかまえたお心 目指すべきですね。
私も日々 失敗は尽きませんから真似させていただきたい
ですわv-354

2014/11/01 (Sat) 10:09 | REPLY |   

薔薇ねこ  

No title

 こんばんは!
もう一回ね~と言われても^^;

そのピアニストへの入れ込み具合によりますねえ。。。
入れ込んでるピニストの方だったら親近感がわいたりしないこともないですけれど…。

バレエの地方公演は確かに白鳥の湖が多いですね。
(当地もばりばりの地方です)
某ロシアバレエ団なんか毎年ですもの!(^^)!
まあハズレがないといえばないですけれど
そういう訳だったのですのね。。。^_^

2014/11/01 (Sat) 20:16 | EDIT | REPLY |   

レディピアノ  

そらさまへ

女性ピアニストのコンサートは、その方がお好きな方が多かった(巷では賛否両論の批評のある方ですので、お好きな方が多かったと想像します)ので、聴衆も納得されているような雰囲気はありました。
教授はどうだったのでしょうね~
私は聴いていなかったのでその場の雰囲気はお伝えできなくてごめんなさい^^;

2014/11/01 (Sat) 21:24 | EDIT | REPLY |   

レディピアノ  

薔薇ねこさまへ

前記事のもう一回ねというお話は、芸能人ミュージシャンで、今回はクラッシックピアニストのお話です。
やはり入れ込み具合でしょうか。
前薔薇ねこさまのところも「白鳥の湖」ですか?
女性ピアニストの演目も、だれでも知っている有名曲でまとめられていました。

2014/11/01 (Sat) 21:30 | EDIT | REPLY |   

大竹真人  

こんにちは!

入院中は心が温まるコメントをありがとうございました!(>_<)
退院後に読ませていただいたのですが、
こんな素敵な提案をしていただいて、
そしてブログを読んでいる方々がそれに賛同してくださって、
いやぁレディピアノさんって本当に凄い!と思いましたです。
重ねてありがとうございました!

プログラムを忘れるピアニスト、たまにいますよね。
フジコ・ヘミングとか、プログラム忘れちゃうからって、
それを書いた紙を持参して、忘れたら読み返しているそうです。
というか今年のすみだトリフォニーのコンサートではそうでした(笑)


そうだ、もしよろしければ、レディピアノさんのブログ、
リンクさせて頂いてもいいでしょうか?(^^)

2014/11/02 (Sun) 14:01 | EDIT | REPLY |   

レディピアノ  

大竹真人さまへ

お熱は下がりましたか?
もうPCに向かって大丈夫ですか?
沢山の方が激励メッセージを書いていらっしゃったのは、大竹さまのお人柄所以ですね(*^。^*)
フジコ、ヘミングさん、飛ばしちゃっってもコンサートをふんわりまとめたことでしょうね~。

リンクe-326、ありがとうございます。

2014/11/03 (Mon) 00:16 | EDIT | REPLY |   

ふくうめ  

No title

レディピアノさま、こんばんは~
元気出して頑張ります!
プロでもそういうことがあるんですね~~~
びっくりしました!
暗譜はあきらめましたので、袖に楽譜を取りに行くということは
なさそうですが(笑)それに近かったとしてもあきらめず、
最後まで頑張って弾きます^^
って、以前すでに私はそういう経験がありますが(笑)

2014/11/04 (Tue) 22:30 | REPLY |   

レディピアノ  

ふくうめさまへ

お返事遅くなり、ごめんなさい。
今週はピアノ以外の事で超忙しくて、なかなかお返事書けなくておりました。
最後の目的は音楽だと思うので、アンプでもそうでなくてもふくうめさまの音が思うようにきらめく発表会になりますよ~に(*^。^*)
私の経験なのであてになりませんが、靴は固かったり窮屈だったりすると私の場合演奏中に足がつってしまうので実用重視しております^^;

2014/11/05 (Wed) 21:33 | EDIT | REPLY |   

Post a comment