工夫

手が小さいながら、色々の工夫考えます。
浅知恵ともいう 
8度以上のオクターブは、ずらして弾く。
タンと終わるべきところ、タタン。
8度内での和音も、取りにくいところは、割って弾きます。
またはアルペジオで。
こういうことは、皆さんご存知でいうまででもありませんけど。(^^♪

オクターブがメロディで来ると、音楽として大事な部分なので端折れない 
なので、必死に練習するわけですが、、、

レガートで弾くために、音符の長さを維持して、次の音に移動する瞬間移動の練習はよくします。
または、親指だけ、小指だけばらしてのレガートの練習とか。
それでもきれいに行かないので、音の伸びている間や休符を利用して、次のオクターブに備えます。
ぶつぶつ切れますが、レガートにするのが目的でなく、レガートに聞こえればよいのだと思っています。
そのために、その箇所で何が大事かを選択します。

例えば、このオクターブがメロディであれば、クレッシェンドなのか、デクレッシェンドなのかで、曲の前後も調節しちゃいます。
クレッシェンドであれば、リタルダンドにして盛り上がらせる。
デクレッシェンドであれば、さびしそうにリタルダントする。
あら、どっちも一緒(笑)
テンポが落ちたところで、オクターブ押さえをできるだけ明確にする。

でも、ここは一気に駆け上って押していきたいというところは、オクターブが濁っても、脱力も無視して力が入っても私は行きます
なぜなら、音楽が優先だからです。
もちろん、練習ではちゃんと弾けるように努力はしますよー

そして、指使いは工夫します。
出来るだけ労力払わないで行きたい怠け者です~

resize0505.jpg
リスト エチュード
下段のこういうところは、右が暇しているのですから両手で取っちゃいます。
ここを左でバリバリ弾いたらかっこいいですけど、サーカス見せてるわけでないので、音楽優先で行っちゃいます。

resize0506.jpg
ショパン ノクターン
オクターブではないですが、おまけに。
下段の、本来右手下降と思ってしまう箇所は、左が暇しているので、上声は右、下声は左で取っちゃいます。

これは私の勝手な工夫なので、参考にならないですよー^m^
ただ、何が大事かを考えると、少ない知恵のなかでも、閃いてくることもあります
関連記事

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

*コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

 1つの問題があったとしても、それを補う工夫があれば多くの問題は克服できるものですね。レディピアノさんのガッツに敬服です^^ 

 運指も相当工夫されているんですね。 ショパンも演奏の良し悪しは運指にかかっている、そんなことを言っていた気がします。 確かに、運指の違いによって曲の難易度は相当に変わりますし、表現の仕方も変わってきますね。 

 私の場合、運指についてちゃんと考えるようになったのも日が浅いため、まだまだ未開拓のフィールドですが、一体どういう運指が合理的なのかというテーマは一度考えてみたいです。

鍵コメさんへ

> 「弾けぬなら弾かせてしまえホトトギス」
ですか~?
その発想、いいですね(笑)

すべての努力は、音楽と思っています。
こんなつたない自分でも、音楽の扉は開けて待っていてくれる^m^

Ashtonさんへ

聴いてくださる方は、弾き手の苦手なところがどうだとかこうだとか関係なく音楽を聴いてくださるわけで、弾き手は、サーカス見せるわけでもなく、音楽をお届けしたいわけで、そのつながりの中で生まれる何かがあったらいいなって思います。

>  1つの問題があったとしても、それを補う工夫があれば多くの問題は克服できるものですね。レディピアノさんのガッツに敬服です^^ 
>
ガッツ、ありますかね?
自分ではよくわからないですが、のめりこむ性格はあるかも(笑)
最初の1小節に何時間も何年もかけている時点で変ですよね( 一一)
でも、他をみても、普通の生活をして、仕事とか家事とかなんだとか、やっているほかに、苦しい練習を伴う(しかも報われない)ピアノを弾いている方はこういう性格では・・?

>  運指も相当工夫されているんですね。

そういってくださる方がいるという時点で報われています(単純なので張り切り~)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

はじめまして、マミと申します。
私も手が小さいので、すごく勉強になりました。
手を広げて測ったら、右は1から5まで18センチ、左は17センチでした。
右は手のひらが定規に着くくらいなんで、
指が伸びないとこれ以上は開かないのでは??と思います^_^;
逆に左はあと1センチ伸びるんですね~。

工夫次第で、いろんな曲が弾けるんだと、発見させていただきました。
私も、花の歌では、左のオクターブの降りるところ、両手で弾いてますね。
昔先生に指示されたので・・・。
よかったら仲良くしてくださいね(^^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

マミさんへ

ご訪問、有難うございます。

> 手を広げて測ったら、右は1から5まで18センチ、左は17センチでした。

このコメントを読んで、私も測ってみたらみたら、親指の先から小指のさきまで、両手とも18センチでした~。
その人の手の格好や、付き、角度などで違ってくると思いますが、やっぱり弾きたい曲!って曲ありますよね(^^♪
私は、いつか絶対指が開くv-363v-364という信念は疑ったことないんですよ~
手が、柔軟に、がばっと開いたら弾く曲=というのも溜めてあるんです^m^
一緒に工夫していく仲間がいるって嬉しいです。
こちらこそよろしくお願いしますv-343


鍵コメさんへ

こちらこそコメント有難うございました。
そうなんですか~
私は、なんか理解していないために流されてしまったというか、、、
無駄と思うのは同じですが、仕方ないので様子見ます。
いろいろ教えていただいて有難うございました。(^○^)

10/16 10:23の鍵コメさんへ

e-29
こちらのコメントは、10/16 10:23の鍵コメさんあてです。
編集できなかったので、追記の形になってしまいました。(^o^)丿

10/16 5:33の鍵コメさんへ

有難うございます(^o^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

勉強になります!

手の小さい私、とっても勉強になり、参考にもなり、
がんばれば怖い曲はない!って勇気も湧きました♪

私も計りたくなったので計ってみたら、右19㎝、左18㎝でした(ーー;)
右の方が1㎝長いからといって9度が届くわけでもなく、
18㎝でオクターブ必至なんですから…(ーー;)

サーカスを見せるわけではない、、、ぷぷぷ(笑)
笑っちゃいました(^o^)
パイレーツの最後のトレモロも、迷わず両手でとりました♪(^.^)

10/16 22:31 鍵コメさんへ

いろいろ有難うございます。(^^)
そちらお邪魔しまーす。

atsumyさんへ

> 手の小さい私、とっても勉強になり、参考にもなり、
> がんばれば怖い曲はない!って勇気も湧きました♪

参考になってますか~?
自分流で^^;

> 私も計りたくなったので計ってみたら、右19㎝、左18㎝でした(ーー;)
> 右の方が1㎝長いからといって9度が届くわけでもなく、
> 18㎝でオクターブ必至なんですから…(ーー;)

8度で十分ですよ。
オクターブメロディできればあとはどうにかなると思います。

> サーカスを見せるわけではない、、、ぷぷぷ(笑)
> 笑っちゃいました(^o^)

サーカス見せられたらそれはそれでかっこいいですけどね(笑)

> パイレーツの最後のトレモロも、迷わず両手でとりました♪(^.^)

全然わからないですよ!
そんなもんですって(#^.^#)
非公開コメント

        
*プロフィール

レディピアノ

Author:レディピアノ
こんにちは
海の町のピアノ弾きです。
ピアノや脱力のメトード、音楽に関する事や日常のお話を綴りま~す♪

        
*最新記事
        
*最新コメント
        
*最新トラックバック
        
*月別アーカイブ
        
*カテゴリ
        
*♪  ♪  ♪
        
*♫ ♫ ♫
現在の閲覧者数:
        
*検索フォーム
        
*RSSリンクの表示
        
*リンク
        
*QRコード
QR