flower border

メトード

Categoryメトード
 私が師事していた先生  はパリ在住  のピアニストで、脱力の大切さを教えてくださいました。
脱力した状態で必要な重みを使い、自然の動きを使ってピアノを弾く。
例えば、軽くて速いパッセージなら指先だけの重みを使って弾く。
もう少し重みを使いたいときは手首から先の重み。
次は肘からの重み、肩から腕の重み。
そして、もっと重厚で強い音は、体全体の重みをかけて弾く。
動きは、振る、投げる、落とす、はじく等々。。。。。
その組み合わせで様々な音を作るというものでした。 
そのメトードは、歳を重ねても、いくつになってもピアノが弾けるメトードともおっしゃっていました。
もちろん、その脱力した状態で重みを使うには指の支えがポイント  
日々の動きの中にも共通  するかも     

  一番脱力じょうずな方・・・

出会いも神様の贈り物 
音楽の扉を開けることを教えてくだっさった恩師は、人生の師でもあります   


resize0463.jpg

関連記事

0 Comments

Post a comment