いまにも倒れそうな旅館はまぬがれたが

一泊で近場の温泉まで行ってきました。
いまにも倒れそうな創業〇〇〇年の秘湯お宿はなんとか免れましたが、その温泉街では知名度がある大きな旅館になりました。
ほんとはね、未来レディもわたしも、少人数型のきめこまかなサービスのあるふかふかベッドのところが良かったんだけどね~(笑)

道中のダムは、水位が低かったです。
resize1486.jpg

道が狭くなってきました。
ちょっと不安、この道であってるの?
もうね、東日本大震災から、遠出とか知らない道とか怖くなってます^^;
世の中、ナニガアルカワカラナイ・・・
resize1487.jpg

お宿はここです。
純和風~
resize1499.jpg

resize1489.jpg

窓からの景色は良かったですよ。
雨で川は濁っていましたけど、山も見えます。
resize1490.jpg

夕食の御献立。
resize1491.jpg

はじまりのときの御膳。
resize1492.jpg

どてどてと大盛りがでるのでなくて、ちょっとずつがちょこちょことあって食べやすい感じでした。
とおもいきや、ここで問題発生
まんなか上のほう、あわびとえびをせいろのようなもので蒸し焼きにしていただきました。
右上は、牛二キレとフォアグラを焼いて頂きました。
でもなんか変。

もう一度献立をみましたよ、はい。
鮑とエビの蒸篭蒸しおろしぽん酢
おろしぽん酢~?

もう食べ終わりましたけどぉ~?
それで聞いてみましたところ、係りの方が「アッ\(◎o◎)/!」
御膳に出ていなかったんです。

それとね、未来君が、「みんな牛2キレ?」
と聞いてくる。
「牛2キレとフォアグラひとつ」
と答えると「フォアグラなかった・・・」
えぇ~?
そういえば、未来君がなんども「フォアグラってどれ?」って聞いていたっけ。

献立表を見ると、鰻おこわもサラダも出て来てない!
言ったら慌てて運んで来ました。
焼き魚もあとから来るんだろうな~と思っていたけど、時間的に考えると、忘れていたか手が回らなくてそうとう遅くなっていたのかもしれません。
そういえば食事初めにとなりの部屋から、「7時上がりだけど、人がいないので延長して働いてほしいと頼まれた」みたいなことが聴こえていたので、人手不足だったのでしょうね。



この日、温泉地の仮装盆踊り大会が、雨のなか7時から10時まで行われていたので見に行きました。
温泉地という事で、食事が終わっても見れるように(温泉地活性化?)この時間の設定なのかなと思いました。

アリスやトランプ、魔女、リトルグリーメン、白雪姫、ティンカーベルなどのディズニーのキャラクターさん。
resize1493.jpg

アリスをアップで撮らせていただきました・・・^^;
resize1494.jpg

こんな楽しい仮装のかたも。
resize1495.jpg




次の日は晴れました
温泉マップを見たら、近くに釣堀があったので行ってみました。
着いた途端
ここはあきらめて、別の場所に移動したら

resize1496.jpg

このお方、なかなかお洒落なヘアースタイルですね(^^♪
resize1497.jpg

すぐ近くの家庭風なところでお昼をいただきました。
おすすめのカレースープ。
鶏肉がスプーンで触っただけですぐほぐれて柔らかくて、野菜もおいしかったしパンも美味しかった!
生ビールがなくて瓶ビールでした(笑)
resize1498.jpg



まあ、今回いろいろなことがあったけど、それはそれで、それも思い出に残るものです(*^。^*)

旅館の夕食の不手際で、係りのかたが「うえの方に報告しておきます」とおっしゃっていましたが、帰るまでなにもなく、それで終わってしまったようなので、次の朝の精算時にフロントで夕食の事をお話しました。
特に申し訳なさそうでもなく、受付の場でこの話はこの方で処理終わりにしているんだろうあ~と思いました。
社員さんか、パートの方のようでした。
こういったタイプの旅館は、お出迎えやお見送りにおかみさんが活躍されるところも多いと思っていましたが、いまはそうでもないのでしょうか~?
昨年行ったところでは、帰る際に車が奥に入ってなかなか出てこなかったことがありましたが(温泉地自体の土地が狭いので、車の出し入れは旅館側でやってくれる)、おみおくりをされていた若おかみが機転をきかしコーヒーをサービスしてくれました。
このちょっとの気遣いで、わかおかみとお話したり、その土地での旅が楽しいものになったりするようにおもいます。
それで、車がようやく玄関前に到着して、荷物の積み込みを若おかみが手伝ってくれました。
車のトランクを開けた時私の帽子が2つ入っていて、私が「一日目と二日目でおしゃれしようと思ったのですけど雨で帽子がかぶれなくて」といったところ、若おかみが「またこちらにいらして、その時かぶってください」とおっしゃった。
なかなかの話術ですね。
とても気持ちよく帰路についたことがおもいだされます。
関連記事

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

*コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさまへ

良かったです(*^。^*)
非公開コメント

        
*プロフィール

レディピアノ

Author:レディピアノ
こんにちは
海の町のピアノ弾きです。
ピアノや脱力のメトード、音楽に関する事や日常のお話を綴りま~す♪

        
*最新記事
        
*最新コメント
        
*最新トラックバック
        
*月別アーカイブ
        
*カテゴリ
        
*♪  ♪  ♪
        
*♫ ♫ ♫
現在の閲覧者数:
        
*検索フォーム
        
*RSSリンクの表示
        
*リンク
        
*QRコード
QR