flower border

ソナタアルバム

Category演奏
モーツァルトのソナタK545の第一楽章を今月に弾く必要があって、昔使っていたソナタアルバムを取り出して弾いてみました。
このソナタアルバムは、昔、ピアノ学習の教則本の形で弾いていました。

習い始めの最初はバイエル(バーナムやトンプソンなどもありますけど)、つぎにブルグミュラー、次はソナチネ集1.2巻、そしてソナタ集1.2巻にいって、今度はベートーベンソナタ集を勉強して、ロマン派、近現代にも広げていくといった形でした。
その間先生が何人か変わっていますので、自分のピアノ学習を振り返ると大方このような流れでした。

さて、今日取り出したソナタ集のK545。
改めて良い曲だな~って思いました。
5段目から6段目の分散を和音にしてみるとすごくステキです 
子供だった当時も好きで弾いていましたけれど、このような具体的な感じ方はなかったように思います。
例えば、ショパンのスケルツォ2の、ドラマチックに始まる冒頭が終わって歌うような右のメロディにそっている左の流れなどは、左だけ弾いても堂々聴かせ所になるだろうと思わされます。
また、譜読みをしていて、なにか隠されたフレーズを見つけると嬉しくなります。

子供のころは、それらの教則本と並行してバッハはインベンションから、いわゆる練習曲はハノン、チェルニーを教材に教えていただき、そのあとはショパン、ラフマニノフ、リストなどの練習曲へと続き、それは延々とこの先も格闘していくと思います。

ところで、私は練習曲大好きです!
出来ないところがあると、なんでできないのだろう~と原因追及にのめりこみます(笑)
なにか良い練習方法がないかと、練習方法を探す練習までやってしまいます(へんでしょう~?)
なので、最初の1小節で疑問に思うと、もうそこばかり何時間も何日も何ヶ月も試行錯誤やってます(爆)
結果、いつも最終ページが下手!
ストン、とはまらないときは何か必ず原因があるもの。
それを探すのも、大人になってからの私の楽しみ方です 

..........練習曲好きって、私、変........?
関連記事

10 Comments

kusu  

不思議に思っていること

こんばんわ
今回の記事、物理学者さんが興味を示しそう、というか、
「練習曲大好き」から先なんて、むちゃくちゃ共感されそうな内容。
裏コメの1拍手(2月6日0時半現在)はたぶん物理学者さんかな…?(推測)

片手ずつ練習していると、時々、おぉ!というようなところを見つけますね。
スケルツォ2番は練習したことはありませんが、
レディピアノさまがご指摘されている箇所は、
なぜか右手よりも左手を聴いてしまいます。
挫折したノクターンも、なんちゃって譜読みしているエチュードも
左手に何かいい感じの部分があります。

ピアノを習っている方は、
練習曲が好きなかたと、嫌いなかたの二つに分かれますね。
「ふつう」と言うかたもいらっしゃるかとは思いますが、
色々なかたのブログを呼んでいると、完全に両極端に分かれている気がします。
ちなみに私は「嫌い派」です(滝汗…)
この違いは何なんだろう?と、良く不思議に思いますね。

2014/02/06 (Thu) 00:45 | REPLY |   

ピアノ弾きの物理学者  

似てるなぁ〜(^^;

こんばんは。

いや、おはようございますという時間でしょうか…(中途半端な時間ですいません)

kusuさん、1拍手は私じゃないですよ(笑)

私は、まだまだ、超初心者なので、スケルツォとかさっぱりですし、他の練習曲もさっぱりですが、基礎的な練習曲は大好きです。

長い目で見たときには、やっぱり基礎と言うか土台がしっかりとしていた方が良いと思うので(何事も)、基礎トレ的な要素を含む練習曲は絶対必要だと思うし、超大好きです。

そして、レディピアノさま同様、私もちょっとでも気になるところがあると、理由が知りたくなり、その理由が分かると、今度はどうすれば上手く効率的に解決して上達できるかを追求したくなります。

kusuさんは「嫌い派」なんですかぁ?
でも、必要性や重要性を十分認識していらっしゃると思うので、嫌いとか言いながらも実は結構やってるんじゃないですか?(笑)

2014/02/06 (Thu) 04:00 | REPLY |   

Momijy  

545

これ、ソナチネアルバムにも入ってますけど、観賞価値が生じるように(汗)弾くのは、ソナチネくらいのレベルではむちゃくちゃ難しいですよね。
私はきっと、将来的にも手が出そうにありません^^;
ほかには、いつか弾いてみたいソナタがいくつかあるんですけど^^

2014/02/06 (Thu) 08:08 | EDIT | REPLY |   

ひさへ  

おはよーございます!

あの~、ソナチネって練習曲なんですか?

モーツァルトの曲は正統派というか、優等生っぽいイメージです。
それに対し、ショパンは泥臭い、というか。jazzやブルースを感じます。
結局、モーツァルトの曲って完璧なんですね。
K545は優等生イメージの「白」で始まって、中間に主題が「黒」くなる。
その後、「白」を交えながらグレーになったりして、作曲のセンスが最高だと思います。
キライではないけど、ショパンの方が魅力的かなぁ。
ま、それは個人の好みですね。

練習曲はマスターしてしまえばとことん練習に練習を重ねて研究するのですが、覚えるまでが辛い。
覚えたらすぐに次の練習曲なので・・・。
ハノンだったらいいけど。
ツェルニー40は、私的にはショパンのワルツくらいのレベルのような。しかも、ショパンと違って魅力的なメロディじゃないのが「難」です。
バッハのインベンションなら積極的にやりたいなー。

ピアノ講師も練習曲が必要派、と、そうじゃない派に分かれますね。

練習曲にもちゃんと意味があるので、それを追求するレディ・ピアノ様の
気持ちも分かるような気がします。
私には、まだその意味を追求する所までのレベルがない、しかも、
あまり、意味を理解できない・・・。
kusuさんもそうなのかな。
でも、やっぱり練習曲は必要でしょうね。
理由は物理学者さんの言う通りです、ハイ。分かってはいるんです。
たぶん、面倒くさい事はスルーして早く自分の目指す「快感」にたどり着きたいんでしょうね。快楽主義・・・。
男の人の方が練習曲をストイックにする人が多い様な気もします。

今日はお休み。練習三昧にしなきゃ。

ではまた~。

2014/02/06 (Thu) 09:20 | REPLY |   

レディピアノ  

kusuさまへ

> レディピアノさまがご指摘されている箇所は、
> なぜか右手よりも左手を聴いてしまいます。

やっぱり!
でも弾く時は苦労した場所でした (泣)
譜読みのときはなんてきれいなの~e-420と思いましたけど、その後は、なんで私が弾くと変なんだーって(笑う)

> ピアノを習っている方は、
> 練習曲が好きなかたと、嫌いなかたの二つに分かれますね。
> 「ふつう」と言うかたもいらっしゃるかとは思いますが、
> 色々なかたのブログを呼んでいると、完全に両極端に分かれている気がします。
> ちなみに私は「嫌い派」です(滝汗…)
> この違いは何なんだろう?と、良く不思議に思いますね。

何なのでしょうね。
物理学者さまと私の共通点は、超まじめというところですが、kusuさまもまじめですしそれが理由にはなりませんから、もう少し物理学者さまと交流を深めて何か共通点を見つけてみます(^^♪

2014/02/06 (Thu) 23:08 | EDIT | REPLY |   

レディピアノ  

物理学者さまへ

> そして、レディピアノさま同様、私もちょっとでも気になるところがあると、理由が知りたくなり、その理由が分かると、今度はどうすれば上手く効率的に解決して上達できるかを追求したくなります。
>

う~、わかります、わかります、その気持ち!
それと、いわゆる曲に比べて、弾き方があっているか否か解りやすいのでやりがいがあるかもしれませんし、納得できると嬉しさMax。
答えは一つ的な算数を勉強しているのに似てますか?

> kusuさんは「嫌い派」なんですかぁ?
> でも、必要性や重要性を十分認識していらっしゃると思うので、嫌いとか言いながらも実は結構やってるんじゃないですか?(笑)

さて、さてこのへんのところはご本人から。。。e-68

2014/02/06 (Thu) 23:25 | EDIT | REPLY |   

レディピアノ  

Momijyさまへ

> これ、ソナチネアルバムにも入ってますけど、観賞価値が生じるように(汗)弾くのは、ソナチネくらいのレベルではむちゃくちゃ難しいですよね。

ほんっとにそう思います!
テクニック的にも音楽的にも勉強するところマンサイですよね!
しかも今頃になって、子供のころ一箇所違って弾いていたことがわかりました。ひゃぁ~ v-356
教則本のような存在の曲は誤解されがちですけど、この曲以外でも、レべルに関係なく何度でも弾いてみたい魅力のある曲がたくさんあるな~って思います。

> ほかには、いつか弾いてみたいソナタがいくつかあるんですけど^^

Momijyさまのお好みはどんな曲でしょうね (*^。^*)

2014/02/06 (Thu) 23:50 | REPLY |   

レディピアノ  

ひさへさまへ

> あの~、ソナチネって練習曲なんですか?

すみません。
言葉が不足でした。
ソナチネやソナタ集は、学習のメインの曲集として先生よりご指導受けていましたが、いわゆる練習曲ではなく、テクニック向上も必要としながら音楽的な勉強もするという位置づけで学んでいました。

> モーツァルトの曲は正統派というか、優等生っぽいイメージです。

まわりでは、ソナタ集を終えるとモーツァルトソナタかベートーベンソナタに行くようでしたけど、私はベートーベンでした。

> それに対し、ショパンは泥臭い、というか。jazzやブルースを感じます。

3度のエチュードでそんな感じうけるところあります!
私だけかと思っていました~(お仲間ですね)

> 練習曲はマスターしてしまえばとことん練習に練習を重ねて研究するのですが、覚えるまでが辛い。
> 覚えたらすぐに次の練習曲なので・・・。
> バッハのインベンションなら積極的にやりたいなー。

そういう意味で、私は練習曲は1曲にじっくり時間をかけたい派ですね~
何年でもやれます(笑)
バッハも1曲に何年もかけれそう~

> たぶん、面倒くさい事はスルーして早く自分の目指す「快感」にたどり着きたいんでしょうね。快楽主義・・・。

私の場合は、練習曲に快楽があるのかも e-454

2014/02/07 (Fri) 00:09 | EDIT | REPLY |   

ねこぴあの  

No title

練習曲、わたしも先生にみていただいていますが、楽しいです!
練習は「たのくるしい」かもしれません(笑)
クリアしていく過程が好きです。
苦しんでいつまでたっても合格しなくて、その上で「これはいいんじゃない?」と言われるとき(合格)の喜びはなんともいえません♪

2014/02/08 (Sat) 23:17 | REPLY |   

レディピアノ  

ねこぴあのさまへ

ねこぴあのさまのお住まいはわかりませんが、雪の影響は大丈夫でしたか?

> クリアしていく過程が好きです。
> 苦しんでいつまでたっても合格しなくて、その上で「これはいいんじゃない?」と言われるとき(合格)の喜びはなんともいえません♪

苦労した分合格した時は嬉しいですよね~
努力を認めていただけるわけですから報われますよね。

私の場合は、何年も1曲集中型なので、ある意味のめりこみタイプかも(笑)
性格は超あっさりなんですけどね~^m^

2014/02/08 (Sat) 23:33 | EDIT | REPLY |   

Post a comment