左利き

皆さまは、ある程度譜読みも終わって通して弾けるような段階で、楽譜をみて両手で弾く時どこを主に見ていますか?
もちろん、音型によってケースバイケースはあると思いますが、私の場合、主に左手の楽譜(楽譜下段)を見ていることが多いです。
私は左利きなので左を見るのか、利き手に関係なくメロディ部分でないために左を見るのかわかりませんが、右利きの方に伺ったときも、その方は左手の楽譜を追っているとおっしゃったことはありました。
案外利き手に関係ないのでしょうか?
楽譜を見ないで暗譜で弾く時も、私は左手、又は左の鍵盤を追っていることが多いです。
伴奏型などが多い左手が安定してないと、右のメロディが自由に歌えないように思えます。
逆に、左手メロディの時は右手の安定が欲しいところです。

左のパートの楽譜や鍵盤を目で追っているといっても、もちろん右パートも何となく視野には入っています。
あるいは、右手を見る必要があっても、左手に戻るという感じです。

見る場所に関しては、皆さんもそうだと思いますが、今弾いている場所でなく、先先見ていますよね。
指も、今の音に指が打鍵している状態の時には、すでに次に使う指や音を頭のなかで準備していますよね。
目はの次の音の鍵盤をみています。

そんなことを考えると、ピアノを弾いているとそうとう頭も体も使っていますね。
なのでピアノを弾くとおなかすきます (ぐ~    )
ちなみに 間食はしないので   ご飯まで待ちます。    。

※ 訳あって数日パソコン使えませんのでスマホから記事の更新しました。
文章が組み立てにくく、後日再編集するかもせれませんので、その時はご容赦くださいませ(*^^*)
関連記事

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

*コメント

左利きのかたへの素朴な疑問

こんばんわ。
PC使えないのは不便ですね~。
私はいまだに「ガラケー」ですが、
最近、ケータイから、自分のブログの管理画面に入ることが出来なくなっています。
以前は入れたのですが、
ログインしようとすると、「終了します」とメッセージがでてしまい、
何度やっても、その繰り返し。
だから、現在はケータイからだと「見るだけ」状態です。
勤務先のPCは、セキュリティーが今月に入ってから一段と厳しくなり、
仕事に全く関係なさそうなホームページを開こうものなら、
勝手に切断されてしまい、フィルターがかかってしまうのか、
二度とそのホームページには入れなくなってしまうようです。
眠らせてある「スマホ」を使え、ってことかなぁ…?

私も弾いているとき、左手見ていること多いですよ。
ひどいと?左手しか見ていないです(笑)
右手は利き腕なので、
練習しているうちに、位置感覚とか覚えてしまうからなのでしょうね?
利き腕ではない、という点で、左手に不安要素が残るのか…?
楽譜は、難しいほうを見ている傾向があります。
特に片方ばかり見る、と言うことはないような気がしています。

レディピアノさまは左利きなのですか?
素朴な疑問なのですが、左利きのかたって、
何となくピアノでは有利な感じがしてしまうのですが、いかがでしょうか?
たとえば、練習曲は右手重視な感じがするので、
利き手でない右手を、常に訓練できるわけですよね?
右利きの人が左手の練習ばかりするのと同じ感覚。
でも、ツェルニーの練習曲にしても、
左手のための練習曲って、そんなにたくさんありませんよね。
こういう基礎的な訓練に関して、
左利きのかたは、右利きより有利に思えてしまうのです。

ただ、左利きの子どもを、無理やりに右利きに矯正しようとすると、
心からくると思われる、あまり好ましくない症状が出たりするようですが、
ピアノでも、そういうことが起きる場合があるのでしょうか?

お返事はPCが使えるようになってからで良いですよ~。
それにしても、お腹がすいたら間食ではなく、間酒…?(笑)

No title

こんばんは^^、
私もKUSUさんと同じで左手を見ることが多いです。
でもどうかした時は、右手を見ています。
それはやはり確認の必要がある時、リズムが細かくなったり
して、(左手はその時は簡単な伴奏です)。要するに自信が
無いときですね。

昔バイエルを半年で終わらせた時は、急ぎたかったので、
右手だけ鍵盤感覚を掴んだら、すぐ「左手を譜読み」しながら
「左手の鍵盤」を一生懸命みながら進めていました。
そんなに急いで何処へ行くって感じですが^^。

通常の生活では、右利きです。よって?右の腕が少し大きい
ようです。でも何かは左を使います。
そうですね、、字を書くのは右で、箸を持つ手も右、ラップ等を
はがすのは何故か左、自分でも意味不明ですアハハ。

別件ですが、この間のレディピアノさんの牛タン弁当だったでしょうか
あの記事を思い出し、東京駅のラーメン食堂街で牛タン塩ラーメンを
頂いて来ました。牛タンは美味しいですね。
 
 敬称が「さん」になってますが、アメブロは返信が自動で「>○○さん」
となります、よってそのせいもあり、これからも「さん」で行かせて頂きますね。
よろしくお願いします^^。 
皆様にも ♪愛燦々と(さん、さん と~)^^。

ところで、今日は前々から非常に欲しかった「椅子付きリュック」を
大丸から買ってきました。とにかくこちらは歩かなければいけないので
「椅子」が欲しかったのですね、明日の掲示板の記事にもしますが。
http://www.ispack.net/revo/description.html

こんばんはー。

私も演奏中は左手をガン見ですね。

メロディは普通右手なので、見なくても弾ける場合がほとんど。
脳はメロディをきっちり覚えているからなのでしょうか?右手はOK。
左手伴奏は跳躍もあったりで監視してないと自信がないです~。
私の場合、左手がとーっても小さいので、ちゃんと確認しながら弾かなければ外しそう、というのもありますが。
それと、本来は左利きなのですが小さい時に直されました。
なので、缶ビールをプシュッと開ける時、瓶ビールの蓋を開ける時、雑巾がけ、は今でも左手です。安心します。
それもあって、左が気になるのか?という気も・・・、関係ないか。
なんだか、色々と事情や背景がありますね・・・・・・。

あら~、スマホからでしたか。レディ・ピアノ様お疲れ様です!
私はkusu様と同じでガラケーです。
今はスマホ時代ですね。ガラケーにはキビシイ世の中です・・・。

お子様の修学旅行先は確認しましたかー?

左手でできること

レディピアノさま、ふたたびお邪魔しております。

酢~さまが左手で出来ること、書かれていますね。
私はみかんの皮を左手でむきます。
(温州みかんが大好きで、毎年箱買いの誘惑に打ち勝つのが大変です)
若いころ、右手よりも得意なことを、左手にも作ってあげようと思いつき、
意識してやっていたら、いつの間にか左手のお仕事になっています。
しかし、我ながらおバカなことを思いついたものですね~(笑)「
あっ!ラップはがしも左手でしているかも?

時々電卓を左手で打ってみたりしますが、
ピアノと違って、電卓打ちはどうしてもぎこちない感じになりますね。
これができるようになると、仕事がはかどりそうなのですが…。
右手で何か書きながら、左手は電卓計算…理想です。
トライしてみて損はないかも…(笑)

kusuさまへ

ようやくPC復活しました。

やはり左手見るのですね。

>楽譜は、難しいほうを見ている傾向があります。
特に片方ばかり見る、と言うことはないような気がしています。

楽譜はそうですね、難しいところ=音符が多い、または不安なところでもありますしね。
もし、両手どちらも不安ではないとしたらどうでしょう?

> レディピアノさまは左利きなのですか?
> 素朴な疑問なのですが、左利きのかたって、
> 何となくピアノでは有利な感じがしてしまうのですが、いかがでしょうか?
> たとえば、練習曲は右手重視な感じがするので、
> 利き手でない右手を、常に訓練できるわけですよね?
> 右利きの人が左手の練習ばかりするのと同じ感覚。
> でも、ツェルニーの練習曲にしても、
> 左手のための練習曲って、そんなにたくさんありませんよね。
> こういう基礎的な訓練に関して、
> 左利きのかたは、右利きより有利に思えてしまうのです。

結論から言うと、私の場合はやはり左の方が右に比べて動きは悪いです。
最初の導入教材はバイエルでして、右手の学習からはいり、左が伴奏系にとどまり右の練習頻度が多いということになるので利き腕に関係ないようです。

> ただ、左利きの子どもを、無理やりに右利きに矯正しようとすると、
> 心からくると思われる、あまり好ましくない症状が出たりするようですが、
> ピアノでも、そういうことが起きる場合があるのでしょうか?

なぜ左利きなのに左の動きが悪いのかということに続く内容になりますが、小さいころ左利きを心配した両親が、私にお習字を習わせてくれました。
私の場合を振り返ると、初めて習うものは、まっさらな状態から経験するものであれば教えられた通りにするようです。
なのでお習字はすんなり右手、よって字は右です。
はさみ、ボール投げ、ボール蹴りは小さいころに自然とやり始めるので左です。
縄跳びの交差はどうかな、上になる方の腕は右利きの方とは反対になるでしょうね。
電卓は両方できますよ(笑)
簿記検定のとき、右に鉛筆、左で電卓叩けるので、早く終了していましたね。
右利きの方は、右で電卓、おいていた鉛筆をまた右で持って書いているので遅くなるとおっしゃていました。

> それにしても、お腹がすいたら間食ではなく、間酒…?(笑)

昼間じゃないですよ(笑)
後でちょっと編集します。

酢~さまへ

> こんばんは^^、
> 私もKUSUさんと同じで左手を見ることが多いです。

やっぱりそうなんですね。

> でもどうかした時は、右手を見ています。
> それはやはり確認の必要がある時、リズムが細かくなったり
> して、(左手はその時は簡単な伴奏です)。要するに自信が
> 無いときですね。

そうですよね、わかります!
では、両手がやさしい音型ではいかがですか?

> 通常の生活では、右利きです。よって?右の腕が少し大きい
> ようです。でも何かは左を使います。
> そうですね、、字を書くのは右で、箸を持つ手も右、ラップ等を
> はがすのは何故か左、自分でも意味不明ですアハハ。

腕の大きさは気にしたことはないのですが、コリは左がひどいですね。
肩、腕こりこり(笑)
意味不明は私も同じ。
字は右、はさみはかろうじて両方、しかし左利き用のはさみは使いにくい、運動は左主体などなど。

> 別件ですが、この間のレディピアノさんの牛タン弁当だったでしょうか
> あの記事を思い出し、東京駅のラーメン食堂街で牛タン塩ラーメンを
> 頂いて来ました。牛タンは美味しいですね。

今日の夕飯は牛たんコロッケでした~
 
>  敬称が「さん」になってますが、アメブロは返信が自動で「>○○さん」
> となります、よってそのせいもあり、これからも「さん」で行かせて頂きますね。
> よろしくお願いします^^。 
> 皆様にも ♪愛燦々と(さん、さん と~)^^。

もしかして先日の私のコメ返ですか?
酢~さまのお名前がひらがなで「す~」となっていたので変えたのかな?と思ったりしたもので。
敬称はどちらでも構わないです。
仲よくしていただければそれでおっけ~(*^。^*)
明日も掲示板はご訪問いたしますね。

ひさへさまへ

> 私も演奏中は左手をガン見ですね。
> 左手伴奏は跳躍もあったりで監視してないと自信がないです~。

ひさへさまも左なんですね。
お仲間どんどん増えてます(笑)

> 私の場合、左手がとーっても小さいので、ちゃんと確認しながら弾かなければ外しそう、というのもありますが。
> それと、本来は左利きなのですが小さい時に直されました。
> なので、缶ビールをプシュッと開ける時、瓶ビールの蓋を開ける時、雑巾がけ、は今でも左手です。安心します。

まあ~、左利き、これもお仲間ですね!
缶ビールはどうだろう。
いまやってみますね、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、あっ、私は右で開けます。
左でもって右で開けて、すぐ飲める(爆)

> お子様の修学旅行先は確認しましたかー?

明日授業参観で、そのあと学年懇談があるのですが、来なくて良いと言われましたので参観まえの時間の教材販売だけ行って帰ってくることにしました。
だって時間が空いてしまうので。
いったいどこにいくのやら。
かばんはまさかリュックサックではないでしょうから、何に入れればよいんだろう。
制服のYシャツはもともと2枚しか購入していないし、なになに買い足せばよいのか全然わかりません。
親業していないんです、私^^;

興味深いテーマです

またまた興味深いテーマをご提供いただきありがとうございます。
けさこの記事を拝見し、昼からある会合に出席し終えてお茶タイム…まだ私なりの結論は出ていません。
車の運転手の視点をポイントで示すような計測機をつけてピアニストが楽譜を追いかける視点をチェックできたらいいですね。

ただ思うに、左利き・右利きの違いではなく、「メロディ」対「伴奏」(ハーモニー・コード)の問題かなという気がします。
メロディラインはだいたいすぐに覚えるし、ミスタッチで間違った音が出たら耳で判断できますが、伴奏(多くは左手)はなかなか覚えられないし、分散和音などが複雑な動きをしてたりしますから、初見の時などは圧倒的にそちらに意識を取られるでしょう。

もしコード名が楽譜に併記されていて、必ずしも楽譜に書かれた音符通りに弾かなくても良い場合、視線はどうなるでしょうね?

また、以前私のブログに「コードで見るショパン」なんていう馬鹿馬鹿しい記事を書きましたが、クラシックの曲でも和声をコードで捉えて覚えるようにした場合どうなるでしょうね?
最低音が飛ぶところ、分散和音の内声部が微妙に変化するところ…といったポイントに狙いが行くかもしれませんね。

指揮者がオーケストラのスコアを見て振っているときも、あの上下に厚い楽譜の段のどこを見ているか…?

楽譜のどこをどう見るか、ふだんあまり考えてないけど、とても興味深いテーマだと思います。

第一楽章さまへ

> またまた興味深いテーマをご提供いただきありがとうございます。

私の場合ですけど、本番で楽譜を見るときは、ここは右の楽譜を見る、ここは左の楽譜、ここは鍵盤といったふうに決めて臨みます。
アンプの時も同じように、ここは右、左と見るところを決めます。
ただでさえ本番は何があるかわかりませんから。

> 車の運転手の視点をポイントで示すような計測機をつけてピアニストが楽譜を追いかける視点をチェックできたらいいですね。

いろいろなパターンを計測したら面白いですね!

> ただ思うに、左利き・右利きの違いではなく、「メロディ」対「伴奏」(ハーモニー・コード)の問題かなという気がします。

はい、私もそんな気がします。

コード名があったら?指揮者はどこを?
ほんと、面白いですね。
楽器によっても、楽譜の段数が2段でなく、体の使う場所や動きがピアノと違うと、目で追うところがどこになるのかなんて考えていくと面白いですね。
ちなみに打楽器はどうでしょうか(#^.^#)

打楽器の場合…

そうですね、打楽器について何も書いてなかったですね…

う~ん、そうだな~、打楽器と言ってもいろいろですが、オーケストラでティンパニを担当する場合、偉そうに言って申し訳ないですが、曲はだいたい頭に入っていて、どの場面でとういうリズムを叩くかはだいたい予測できるんですね。

でも本番では何が起こるか分からないからたいてい目の前に楽譜は置いてますが、なにせ「休み」が多いんで、その「空白」の部分を見ていますね(笑)
たとえば「48(小節休み)」という場合、ただひたすら4拍子×48小節指折り数えませんよ。8小節×3回、+ 8小節×3回、と言う風に区切って音楽の流れを追います。最初の8小節は弦楽器、次に木管が入って8小節、ここで短調から長調に変わって、金管が入って…というアウトラインで覚えていきます。

また、曲の途中でタンブリンやトライアングルなど小物に持ち替えたり、ティンパニの音を途中で変えなくてはいけなかったり…そういうことが「休み」の空白の中に広がっている訳です。

逆に同じ音形をずっと叩き続けるような場合、1小節ずつ目で追いながら叩いていると今どこだか分からなくなります。やはり8小節単位で赤線を入れたり、小節の下に「1、2、3、4、5…」などと番号を振っておきます。だから楽譜から目を離してオーケストラ内や指揮者を見ながらでも頭の中で数えていれば、ちらっと楽譜を見た時に今どこかが分かります。というか何回同じことをやったら次にどうなる、と覚えておけばいいんですよね(笑)。

また、こちらが刻むべきリズムの中で、頭・裏どちらがここでは重要か、ここでは何の楽器がどう絡んでくるか…といったことを前もって考えて印をつけてたりしているので、音符よりもそっちを見てることが多いかな…?

まあ打楽器って、叩くしか能のない楽器ですから、他の楽器に比べて楽譜(音符)そのものを見る必要性はあまりなく、ちょっと特殊でしょうかね。

第一楽章さまへ

> でも本番では何が起こるか分からないからたいてい目の前に楽譜は置いてますが、なにせ「休み」が多いんで、その「空白」の部分を見ていますね(笑)

面白いですね。
たしかに空白をみると言われればそうですよね。
空白を見るという発想がありませんでしたので、思わずなるほど~と思いました(*^。^*)

> また、曲の途中でタンブリンやトライアングルなど小物に持ち替えたり、ティンパニの音を途中で変えなくてはいけなかったり…そういうことが「休み」の空白の中に広がっている訳です。

これもピアノにはないことですので言われてみて初めて、あっ、そうだよなって思いました。
そういえば、オケの方が練習中の中休みに、休みを仲間内で指折り数えて遊んでいることがあったのを思い出しました!

> 逆に同じ音形をずっと叩き続けるような場合、1小節ずつ目で追いながら叩いていると今どこだか分からなくなります。やはり8小節単位で赤線を入れたり、小節の下に「1、2、3、4、5…」などと番号を振っておきます。だから楽譜から目を離してオーケストラ内や指揮者を見ながらでも頭の中で数えていれば、ちらっと楽譜を見た時に今どこかが分かります。というか何回同じことをやったら次にどうなる、と覚えておけばいいんですよね(笑)。

あぁ、なるほど。
逆にピアノは、譜読みでは小節は意識しますが、弾きこみが進んでくると楽譜上の小節の意識よりほかの意識の方が優位に立ちますね。
楽譜の記譜の小節は、リズムや音符の価値、あるいはテクニック(音楽からテクニックは決まる)というものに変化して意識しているように思います。
私だけかな?(笑)

> まあ打楽器って、叩くしか能のない楽器ですから、他の楽器に比べて楽譜(音符)そのものを見る必要性はあまりなく、ちょっと特殊でしょうかね。

とても興味深いコメント有難うございます。
非公開コメント

        
*プロフィール

レディピアノ

Author:レディピアノ
こんにちは
海の町のピアノ弾きです。
ピアノや脱力のメトード、音楽に関する事や日常のお話を綴りま~す♪

        
*最新記事
        
*最新コメント
        
*最新トラックバック
        
*月別アーカイブ
        
*カテゴリ
        
*♪  ♪  ♪
        
*♫ ♫ ♫
現在の閲覧者数:
        
*検索フォーム
        
*RSSリンクの表示
        
*リンク
        
*QRコード
QR